フラワーカップ

毎年スローペースになることがおおい、フラワーカップ。
穴馬として狙うなら、先行できる馬を狙ったほうがいいだろう。

本命はファンディーナ。
新馬戦で圧倒的なパフォーマンスをみせ、期待されたつばき賞では1000m通過が1.04.1という超スローのなか1頭だけ全く違う脚を使って、逃げ馬を差し切り。
紛れが起こりやすいレースというのは気になるところではあるが、普通に走ればまず好走してくるだろう。

対抗は〇ブライトムーン
新馬戦は絶望的な位置から追い込んできて、5着を確保。
前走ではある程度のポジションを取って競馬することができたし、もっているポテンシャルは高いのではないだろうか。
田辺騎手が乗ってくれるのもプラスに働くだろうし、人気もないので狙ってみても面白いだそう。

▲シーズララバイ

人気はないだろうが、穴ならこの馬だろう。
フリージア賞は完全に位置取り負けと言って良さそうで、若竹賞を勝ったウインブライトがスプリングステークスを勝っていることを考えても、このレースなら通用してもよさそう。

△ドロウアカード
△モリトシラユリ
△ディーパワンサ
△ハナレイムーン
×デアレガーロ

買い方

◎―〇▲ 馬連

◎―〇▲―印 3連複