【2018マーメイドステークス】レース傾向と有力馬考察 | 中間予想

スポンサードリンク




2018年6月10日に阪神競馬場、芝2000mで行われるGⅢマーメイドステークスのレース傾向と有力馬考察です。

マーメイドステークスの主な出走予定馬は、キンショーユキヒメ、ミリッサ、トーセンビクトリー、レイホーロマンス、エテルナミノル、ミエノサクシード、ワンブレスアウェイなど。

 

今年のPOGの指名が終わりましたー!

初めてのドラフト制のPOGに参加させていただいたのですが、ドラフト制は難しいですね(>_<)

どの馬がいいかを選ぶだけでなく、どの馬がどのくらいの順位で指名されるかというのをしっかり予想しないといい馬が取れない…

来年に向けて課題も見つかったので、今年1年は指名馬を応援しつつ、今年の経験を生かせるようにしたいと思います!

 

おそらく、木曜日くらいには指名馬を発表したいと思います!

昨年のPOGの成績の関係で、正確にいつ上げられるかわかりませんが…

 

マーメイドステークス

 

前走1000万クラスを勝ち上がったような馬の好走があるように、このレースはレベルが低くなりがちで毎年のように波乱が期待できるレース。

パールステークス組の成績がいいレースだが、今年はパールステークスのレベルが低く、参戦もアンドリエッテのみ。

かなり思い切った穴馬から勝負してもいいレースなので、枠順や馬場状態だけで振り回すのもありかもしれない。

 

有力馬考察

 

キンショーユキヒメ

前走の福島牝馬ステークスは後方から豪快な追い込みを決めた上に、ろくなメンバーがいないメンバー構成なので1番人気に支持されそうな感じだが、この馬はかなり怪しい。

前回の福島開催は非常に時計のかかる馬場状態になっており、デンコウアンジュが早めに動いてスタミナを要求される馬場状態での好走。

今の高速馬場の阪神では全く良さを生かせない可能性が高いだろう。

雨が降れば好走率は上がりそうだが。

 

ミリッサ

母シンハリーズはシンハライトやリラヴァティなど活躍馬を多数出している超良血。

そのため潜在人気が強く、過剰人気になりがち。

ここまでのレース内容を見てみると、どうも瞬発力勝負では劣る印象で、前々走の初音ステークスなんかを見てみても、直線半ばまでは本当に勝つのかな?と思わせるようなレースぶり。

距離延長というのもプラスには働かなそうだそうだし、阪神内回りというのも向いていなそう。

ここで豪快に負けてもらって、次走以降に狙いたい。

 

トーセンビクトリー

ようやく、この馬向きのレースに出走してきた印象。

この馬はとにかく立ち回り力で勝負するタイプで、前走の福島牝馬ステークスはこの馬が好走できる条件のレースではなかった。

この馬も血統が良く、人気が下がりにくいので積極的に買いたい馬ではないが内枠を引くことができれば評価した方が無難かも。

 

レイホーロマンス

1000万勝ちの身分ながら、重賞に挑戦し2着、3着と好走。

どちらも展開に恵まれただけという内容ではなく、むしろ展開が向かない中で追い込んで来ていた。

前走の福島牝馬ステークスは、54kgに加え騎手の勝ち気が強すぎたのか、内でポジションを取りに行き4コーナーでごちゃついてしまい力を出せなかった。

雨が降って外差しが決まるようなレースになれば、最有力の1頭だが前走の経験を生かして大外を回す競馬をすると厳しいかも。

 

エテルナミノル

先行することができれば、この馬の持ち味を生かすことができるのだが近走はスタートを決められず、後方からで全く競馬になっていない。

距離延長でポジションさえ取れれば、勝負になるはず。

 

中間予想

 

[最強]競馬ブログランキングへ
〇トーセンビクトリー
▲エテルナミノル
☆アルジャンテ

※晴れ 良馬場想定

とにかく逃げ、先行馬がいないメンバー構成。
前走のクラスやレベルを考えると、買える馬ではないのだが枠順と馬場状態次第で馬券内があるかもしれない。