【2018エプソムカップ】レース傾向と有力馬考察 | 中間予想

スポンサードリンク




2018年6月10日に東京競馬場、芝1800mで行われるGⅢエプソムカップのレース傾向と有力馬考察です。

エプソムカップの主な出走予定馬は、ダイワキャグニー、サトノアーサー、サーブルオール、グリュイエール、スマートオーディン、エアアンセム、ハクサンルドルフなど。

 

昨日は、安田記念で悶絶しておりました。

地味な印象のある安田記念ですが、初めて万馬券を取ったレースで非常に相性もいいレース。

◎アエロリット、☆モズアスコットはよかったのですが、3着がまたしても嫌ったときのデムーロ…

そして、4着が〇サトノアレス…

まあレースぶりに関してはいろいろ言いたいこともあるにはあるが、蛯名騎手だけにこういう競馬をする可能性が高いことは予想の段階で書いていたので仕方ない。

ただ、悔しい…

 

エプソムカップ

ダービーの週からCコースに変わって、3週目。

1800mという非根幹距離で行われることもあり、ある程度流れてしもっかり最後まで脚を使えるタイプが走れる印象があるレース。

今年は例年以上に高速馬場になっている印象を受けるし、週末は雨予報も出ているので馬場状態には注意しておきたいところ。

雨の中の競馬となれば、完全外差し決着も…?

 

有力馬考察

 

ダイワキャグニー

前走のメイSはタイムこそ悪かったものの、自分のペースで走れないと脆い馬という印象を払拭するようなレースぶり。

前々走の東京新聞杯は結果を見れば、圧倒的に内枠が有利な競馬。

レース映像を確認しても、ロスの多い競馬をしておりリスグラシュー、サトノアレスと比較すれば今回のメンバーでは能力上位。

この馬自身東京1800mというコースは一番得意条件だし、横山騎手が変な乗り方さえしなければ馬券圏内は堅いのでは?

 

サトノアーサー

実力以上に常に人気になってしまうタイプ。

何度か崩れれば、人気も落ちるのだろうがなんだかんだ3着は確保してきているので今回もある程度の人気になるだろう。

ただ、前走のメイステークスは低レベルで評価できない1戦。

この馬が人気になるなら今度こそ嫌って妙味なのでは?

 

サーブルオール

前走は道中早めに上がっていって、勝ちにいく競馬をしたところをレッドローゼスの強襲を受けて直線入り口では完全に負ける勢いだったがそこから差し返して1着という非常に濃い内容の競馬。

1800mという距離はあっていそうだし、動きたいときに動けて最後まで脚を使えるというのはこのレースで求められる適性を持っている。

 

グリュイエール

前走の府中ステークスは実に2年ぶり。

好スタートを決めて好位を取る福永騎手らしい競馬で優勝したが、恵まれた部分が大きく、先行して3着だったエンジニアよりも追い込んで6着だったウインテンダネスの方が活躍しているのを見てもこのレースを過大評価しない方がいいかも。

評価が難しい1頭ではあるが、2走ボケということもありそうだし、無難な印を打って逃げるというのが賢明な選択かも。

 

スマートオーディン

常識的に考えて厳しいはず。

この馬は消しでいいだろう。

中間予想

 

[最強]競馬ブログランキングへ
〇ダイワキャグニー
▲ハクサンルドルフ
☆エアアンセム

パット見て現時点で買いたい馬がこの4頭しかいない。