【2018日本ダービー(東京優駿)】レース予想! 今年の栄冠に輝くのは!?

スポンサードリンク




2018年5月27日に東京競馬場、芝2400mで行われるクラシック第二弾日本ダービーの予想をしていきます!

日本ダービーの主な出走馬は、ダノンプレミアム、ブラストワンピース、キタノコマンドール、ワグネリアン、エポカドーロ、ステルヴィオ、ジェネラーレウーノ、ゴーフォザサミット、オウケンムーンなど。

 

いよいよ、待ちに待った日本ダービーですね(^^)/

早起きして始発で行くのが面倒なので、23時頃から正門1階に並んでおりますが、人がやばい(^^;

初めてのダービーなのですが、今年は特に多いみたいですね。

なるべくいいところで見たいので、開門ダッシュ頑張ります!!

 

日本ダービー(東京優駿) 予想!

 

今年の3歳馬最強決定戦という位置づけの日本ダービーですが、このレースは最強馬決定戦とは程遠いレースになることが多い。

というのも、日本ダービーはコース取りがあまりにも重要なレースだから。

今週からのCコース替わりで内側の馬場が非常に良く、どうしても内側の馬に有利に働いてしまう。

今年は皐月賞が稍重で特殊な競馬になったこともあり、各馬の評価が難しい。

シンプルに展開に恵まれそうな馬を狙ってみたい。

 

[最強]競馬ブログランキングへ

今年の日本ダービーはこの馬に託そうと思います!

オークスでアーモンドアイの距離不安はそれほど気にすることはないと書いたが、3歳クラシック路線では距離が持つケースが多い。

今ではマイル路線で活躍しているエアスピネルもダービーでは強い馬に負けての4着で、菊花賞でも3着に好走したのは記憶に新しい。

今年の馬場状態ならロスなく運べれば、距離の壁は克服できるはず。

皐月賞までにステルヴィオ、サンリヴァルに完勝しており、この世代では最強馬はこの馬で間違いないし、皐月賞の回避も重い馬場の競馬を使わなかったことで消耗せずに済んだとプラスに考えたい。

オークスのリリーノーブルで完璧な競馬をした川田騎手ならこのレースの勝ち方を理解しているはず。

一番強い馬が、一番いい枠を引いて、今一番乗れている騎手が乗るのだから、素直にこの馬が本命!

 

[最強]競馬ブログランキングへ

ダービーは内枠から狙うのが鉄則で、土曜日の競馬を見ていても内、前が非常に有利な馬場状態。

この馬は500万のレースが非常にいい内容。

その後1800m戦を使われて、ポジション取りが後ろになってしまうレースが続いたが、前走は距離延長の東京替わりで一変。

不安なのは、ジンクス。

青葉賞から日本ダービーを制した馬がいないことと、どうしてもこのレースを勝てない騎手。

特に騎手は外に出したがる癖があるので、この枠からおとなしく内にいてくれるかどうか。

ダノンプレミアムの後ろのポジションが取れれば、馬券内に来れるはず。

 

▲オウケンムーン

皐月賞での重要ステップレースになりつつある共同通信杯ではサトノソルタスを抑えて、優勝。

ポジションをしっかりとって、終いまで脚を使えるタイプ。

皐月賞でもポジションをとって、長くいい足を使えればと思い本命にしていたがスタートで終了…

正直、直線で5番手以内にいてくれるなら本命にしたいくらいの馬なのだが、枠ももう少し内が良かったしポジションを取れるか半信半疑なので3番手評価。

 

☆ブラストワンピース

毎日杯からの参戦で評価の難しいところがあるが、日本ダービーと同じ舞台で行われたゆりかもめ賞の内容が非常に優秀。

前走からある程度位置をとってくる競馬ができるだろうし、GⅠに強い池添騎手が乗るのも魅力。

ハービンジャー産駒がダービーというのはなんとなく違和感があるが、4連勝でダービー馬も十分にあり得る。

 

△ステイフーリッシュ

ダービーはうまい騎手が勝つレースだと思っているので、この鞍上は心強い。

前走の京都新聞杯王道路線とは言えないものの、3か月の休み明けで+16kgで出てきて、先行策を取り後続を引き離して完勝。

休んでいる間に馬が大きく成長した感じを受けるほどのレースぶりだった。

もう少し内枠をなら評価を上げたかったが、ポツンもある横山騎手だしこのくらいの評価。

 

△キタノコマンドール

北野武さんが命名した馬で、それだけでも「なんか持っている」感じのする馬。

新馬戦の内容からではこの舞台まで上がってくるとは思えなかったが、ハナ差できっちり勝ちあがり、次走すみれステークスではクラシックでも通用することを予感させる圧勝。

皐月賞でも、展開やコース取りにロスがある競馬になってしまったものの、後方から足を延ばしきっちり優先出走権を確保する辺りやはり「もっている」のだろう。

偶数の内枠という絶好の枠版をゲットできたし、デムーロ騎手というのはやっぱり不気味。

だが、この馬は日本ダービーまでストレスのかかる競馬を経験していない。

新馬戦では、ルメール騎手が騎乗停止を受けるほどの斜行をしており癖がいい馬だとはとても言えない。

今回は勝ちに来るなら内を突くしかないだろうし、左回りも初めてと課題は多い。

乗り難しい馬に乗せたらうまいデムーロ騎手というのがなんとも…

 

△グレイル

皐月賞は展開が全く向かなかったものの、最速タイの上がりを使って6着。

乗れている岩田騎手が、イチかバチかで内を突いてくるような競馬が出来れば。

 

△ジェネラーレウーノ

皐月賞は離して逃げて垂れて3着という内容だったが、4コーナーからの走りを見ているとここまで粘れたのは力がなければできないはず。

今の東京は逃げ馬に有利な馬場状態になっているし、皐月賞より玉砕型の逃げ馬がいない。

こういう極端な馬に乗せると良さを発揮する田辺騎手もプラス。

 

△サンリヴァル

皐月賞の内容を考えれば、ここまで馬鹿にされる馬ではないはず。

大外枠、乗れていない浜中騎手、早い東京の馬場と不安予想は多いがこのオッズなら買い目には入れておきたい。

 

×ワグネリアン

今年、参加しているPOGで指名している馬なので、思い入れはあるのだが流石にこの枠順は調教師も言っているように最悪。

この馬が勝つパターンは、「内枠を引き、スタート上手な福永騎手が好スタートを決めて、壁を作りながら中団で脚を溜めつつ直線で前が空いたらいいな~」(他力本願ぽいところが福永騎手)という競馬しかないと思っていたのだが、この枠ではその競馬はできない。

おそらく、以下のどちらかのパターンになりそうで

  • 好スタートを決めたが、前に壁を作れず、折り合いを欠き、道中引っ張りズルズルポジションを下げながらなんとか折り合いを付けて、最後に伸びてくるものの届かない。

 

  • 最初から後方待機を決め込み、後方外目を追走して直線外から伸びてきて届かず。

 

中京競馬場で史上最速上がりを計測していること以外は正直、戦ってきた相手、内容共にそこまで評価できない。

応援している馬なので、一応抑えるが厳しそう。

 

予想印

 

[最強]競馬ブログランキングへ
[最強]競馬ブログランキングへ
▲オウケンムーン
☆ブラストワンピース
△1 ステイフーリッシュ
△2 キタノコマンドール
△3 グレイル
△4 ジェネラーレウーノ
△5 サンリヴァル
×ワグネリアン

 

買い方

 

馬連 ◎-〇▲

3連複 ◎-〇▲-〇▲☆△×

ゴーフォザサミットかオウケンムーンが絡むという馬券を中心に。

2頭ともくれば….(笑)