【2018優駿牝馬(オークス)】レース回顧 | 次走の狙い方は?

スポンサードリンク




2018年5月20日に行われた優駿牝馬(オークス)の予想の振り返りと回顧です。

 

日本ダービーの枠順が決まりましたね(^^)/

オークスは枠順を見たときに、一気に勝負度を下げようと思うほどなって欲しくない枠順だったのですが、日本ダービーも外枠なら多少評価を落とそうと思っていたダノンプレミアムが1番枠で、人気を多少吸って欲しかったワグネリアンが大外というあんまりなって欲しくない枠順に(^^;

 

この枠を引いた以上ダノンプレミアムはある程度評価しないといけないでしょうね。

現時点で嫌いたい人気馬はこの馬→[最強]競馬ブログランキングへ

 

オークス 回顧

~予想~

◎レッドサクヤ
〇アーモンドアイ
▲サトノワルキューレ
☆ラッキーライラック
△1 リリーノーブル
△2 パイオニアバイオ
×マウレア
×カンタービレ

 

結果

1着 〇アーモンドアイ
2着 △1 リリーノーブル
3着 ☆ラッキーライラック

4着 ◎レッドサクヤ

 

単勝1.7倍に支持されたアーモンドアイが予想より前目のポジションから楽々抜け出して2冠を達成。

リリーノーブルとラッキーライラックが内枠を引いたことで好走率が高くなると判断して、勝負度を下げて大穴◎レッドサクヤからの馬券だったもの痛恨の4着。

◎アーモンドアイにしていたとしてもおそらくトリガミだったと思うし、上位4頭で決まったら諦めようと思って買っていたのだが、単勝70倍以上の馬に本命を打って4着というのは辛い…

3着ならMVPを取れていただろうに…(笑)

 

1着 アーモンドアイ

ロードカナロア産駒だけに距離を不安視されていたが、五分のスタートからややかかり気味ではあったものの、好位につけて後は前を捉えるだけという競馬。

後方からの競馬しかできないという弱点も一緒に克服してしまった感じで、牝馬路線ではもう敵なしだろう。

2400mに出てくるのはこれが最後になるだろうが、基本的にはマイルくらいが合うはず。

古馬や牡馬混合での2400mは厳しいのでは?

この舞台で、かかり気味になりながらもしっかりポジションを取って折り合わせる競馬ができるというのは流石ルメール騎手。

福永騎手はこれが出来なくて、引っ張って下げながらでないと折り合いをつけられないんですよね…(>_<)

 

2着 リリーノーブル

離れた3番手をスムーズに進み、4コーナーでは早め先頭から押し切る強気な競馬。

器用なタイプだが、キレない馬なのでアーモンドアイにこそ敗れてしまったものの、1番枠という利を十分に生かした完璧な競馬だった。

今後も決め手に欠けるタイプなので、取りこぼしはありそうだが器用なタイプなので、どんな条件でも抑えておきたいタイプ。

 

3着 ラッキーライラック

好位から文句のつけられないレースをしたが、距離が長かったのか思ったほど伸びず最後は失速気味。

距離短縮で改めて。

 

4着 レッドサクヤ

スタートは良かったのだが、2着3着とは枠順の差が出たか。

よくも悪くも急かさない福永騎手は合っていそう。

高速馬場の2400mという条件が相対的に向いていた印象で、距離短縮で他の馬のパフォーマンスが上がってくると成績を落としそう。

 

5着 マウレア

上位陣とは差があると踏んでいたが、上位陣にほぼ完璧な競馬をされてしまってはこの結果も致し方ない。

やや不器用な面がありそうなので、多頭数の小回りなどは向いていないかも。

 

6着 サトノワルキューレ

やっぱり今年に入ってから2400m→2400m→2000mと使われてきての4戦目ということでおつりがなかったか。

デムーロも最後は諦めている感じで追っていなかったので、リフレッシュして秋でどうか。

 

7着 パイオニアバイオ

穴馬として注目していた馬なのだが、スタートで遅れたところを外からサヤカチャンに被されて後方のポジションに。

切れる脚のない馬なので、後方からの競馬では勝負になるわけもなく度外視でいいはず。

 

8着 ウスベニノキミ

この馬自身の力は出しているが、能力が高い上位陣にロスなく乗られてしまっては打つ手なし。

最後までしっかり走れてはいたので、もう少し時計のかかる競馬で見直し。

 

9着 オールフォーラヴ

ロスなく運んだが、最後は失速しており距離は長かったのだろう。

早い上がりに対応できないので、時計がかかりそうなときが狙い目。

 

10着 ロサグラウカ

今回は今までの先行策とは一変して後方から。

自己条件に戻ってから、切れ味を問われない舞台で。

 

11着 ランドネ

サヤカチャンから離された2番手を進んでいたが、このメンバーで2400mでは厳しかった。

距離短縮で。

 

12着 シスターフラッグ

距離が長かった上に、切れ味勝負には向いていない。

 

13着 カンタービレ

フラワーカップの優勝馬だが、前走は低レベル戦をデムーロが好騎乗で持ってきただけで、この条件ではやはり通用しなかった。

そもそもの馬の能力も疑わしいが、早い上がりを要求されるレースでは厳しいだろう。

 

14着 トーホウアルテミス

見せ場なし。

 

15着 ウインラナキラ

見せ場なし。

 

16着 サヤカチャン

逃げてはいたものの、スタートはあまりよくなく距離短縮だと逃げることすらできないかも。

 

17着 オハナ

全く見せ場を作れなかったが根本的に距離が長かった。

マイルで。

 

次走狙い方

 

基本的にオークスは適性がないのにも関わらず、記念出走してくる馬が多いので上位以外はあまり参考にならないだろう。