【2018目黒記念】レース展望と有力馬考察 | 中間予想

スポンサードリンク




2018年5月27日に東京競馬場、芝2500mで行われる目黒記念のレース傾向と有力馬考察です!

主な出走予定馬は、チェスナットコート、パフォーマプロミス、ゼーヴィント、フェイムゲーム、ポポカテペトル、ロードヴァンドール、ソールインパクトなど。

 

今年はダービーを見に東京競馬場に突撃します!(笑)

昨年からGⅠレースは現地観戦することも多いのですが、日本ダービーの現地観戦は今回が初めて。

今年は目玉といえる馬はいませんが、ダービー独特の空気感を味わってきたいと思います。

ただ、心配なのは場所取り(^^;

仕事の関係で、土曜の夜からしか行けないのですが場所取り間に合いますかね…?

なんとかいい場所を確保して観戦したいところです(^^)/

 

目黒記念

日本ダービーの後に行われるレースとあって注目度は高めだが、こんな時期に東京2500mという距離で行われることもあり、メンバーレベルは低め。

ダービーから100m伸びただけの2500m戦ですが、100m変わるだけでレース上がりがかかるようになるスタミナが求められるレースに。

ダービーデーに行われることで、このレースも内枠の成績が非常にいい。

内でじっくり構えて、直線しっかり伸びて来れそうな馬を狙うのがこのレースの正解といえそう。

 

有力馬考察

 

チェスナットコート

準オープンを勝ち上がり、重賞初挑戦だった日経賞でいきなりの2着。

天皇賞(春)でも内枠ということで過剰に人気を集めていたが7番人気で5着と健闘。

内枠からの好走で、天皇賞(春)のレベルそのものが疑わしい部分もあるが、レース内容を見てみるとフロックではなさそう。

2番という絶好枠をだったが、立ち回り競馬とは程遠いレースぶり。

 

 

蛯名騎手らしく、早めに動きだし外へ外へ…

負けたのはすべてこの馬よりも4コーナーでは内を回っていたことを考えれば、内枠の利はほとんど受けられなかったと考えて良さそう。

切れない馬なので、東京2500mのスタミナが要求されるのは向いていそう。

 

パフォーマプロミス

中山2500mという特殊条件で行われる準オープン戦を1番枠からロスのない競馬で卒業。

「全く評価できるようなレースでない!」と思っていたのだが、次走の日経賞ではまさかの1番人気。

いくらデムーロといえどこれは無理と判断したのだが、あっさり勝利(笑)

こういうのがあるからデムーロは難しい…

日経賞は評価できるようなレベルのレースではなかったですし、目黒記念は日経賞のように、立ち回りでどうにかなるレースではないので消したいところなのだが、デムーロが…

 

ゼーヴィント

この馬も癖が強そうなわりにつかみどころがないタイプだが、一番得意なのは小回りの2000m戦のはず。

基本的にディープインパクト産駒はこのレースに向かないと思うので、内枠を引かない限り厳しそう。

 

フェイムゲーム

ダイヤモンドSを8歳ながら勝利したことで、まだまだ衰えていないと思わせたが、条件と相手に恵まれた部分が大きすぎた。

2500mとはいえスタミナの問われる目黒記念だが、昨年よりも斤量増では厳しそう。

 

中間予想

 

[最強]競馬ブログランキングへ
〇ホウオウドリーム
▲チェスナットコート
☆ソールインパクト

あまり買いたい馬がいないというのが本音ではあるのだが、買うなら[最強]競馬ブログランキングへ
自己条件に戻したときはまだ、ダメージが残っていたはずでさほど気にする必要はなさそう。
距離も持ちそうだし、なにより●●騎手が乗れるというのは大きいはず。