【2018平安ステークス】枠順確定後の予想! 今年はハイレベル!?

スポンサードリンク




2018年5月19日に京都競馬場,ダート1900mで行われる平安ステークスの予想です!

主な出走予定馬は、グレイトパール、テイエムジンソク、サンライズソア、ナムラアラシ、クインズサターン、トップディーヴォ、クイーンマンボ など。

 

平安ステークス

 

2012年まではフェブラリーステークスの前哨戦として1月に行われていた平安ステークスだが、2013年より5月に行われるようになり距離も1800mから1900mへ。

この時期の開催となったことで、帝王賞の前哨戦的な意味合いは生まれたものの、この時期のダート戦ということで例年はレベルが低くなりがち。

だが、今年はGⅠでも人気になるようなグレイトパールとテイエムジンソクが出走してくるとあって注目度は高い1戦と言えるだろう。

週中の展望記事でも書いたが、このレースは圧倒的に先行馬が有利な京都1900mで行われるので、先行馬を中心に狙ってみたい。

 

[最強]競馬ブログランキングへ

グレイトパールに正攻法で勝てるとすればこの馬だろう。

前走は、この馬には最も不向きと言えるレースで完全に度外視でいいはず。

先行馬が多いメンバー構成ではあるが、レースセンスもある馬なので、堅実に走ってくれるはず。

帝王賞のたたき台というのが気になるところではあるが、3着には来るだろう。

 

〇グレイトパール

前走は、11か月の休み明けで不良馬場の最内枠という厳しい条件であっさり完勝したことを考えれば、ここでは力が抜けていそう。

スタート難ということと、前走走りすぎてしまったことを考慮して対抗評価に。

 

▲クインズサターン

追い込み馬だが、この馬だけは上位評価しておきたい。

どうしても展開に左右されてしまうが、前走よりペースは上がりそう。

道中ゆったり走らせられる四位騎手も合っていそうだし、流れ次第ではあるが2~3着なら。

 

☆サンライズソア

前走が全く競馬になっていないので、今回積極的に狙いたい馬なのだがデムーロで過剰人気。

スタートさえ決めてくれれば、2強の次に強いのはこの馬のはず。

 

△トップディーヴォ

田中勝春騎手ということで、大幅に人気を落としそうだが、サンライズソア同様、前走は後方からのレースをして6着と健闘。

外枠から包まれずに、ある程度のポジションが取れれば。

 

△コスモカナディアン

前走は良いポジションから競馬したものの、直線では前が失速してきてスペースがなくなってしまった。

内枠からスッと先行できれば、東海Sの再現があるかも。

 

△ナムラアラシ

基本的には消しに近い評価でいいと思うが、一応抑え。
オッズ次第では消し。

 

消し ミツバ

最内枠で隣がコスモカナディアンならスタートして被されてしまう可能性が高いだろう。

配当的妙味も考えて消し。

 

予想印

 

[最強]競馬ブログランキングへ
〇グレイトパール
▲クインズサターン
☆サンライズソア
△1 トップディーヴォ
△2 クイーンマンボ
△3 コスモカナディアン
△4 ナムラアラシ

 

買い方

 

3連複 ◎-〇▲☆-〇▲☆△ (△1までが本線)

3連単 ◎〇☆→▲⇔〇▲☆△1