【2018ヴィクトリアマイル】レース回顧 | 次走の狙い方は?

スポンサードリンク




2018年5月6日に行われたヴィクトリアマイルの予想の振り返りと回顧をしていきたいと思います。

 

オークスの枠順が確定しましたね(^^)/

基本的には堅い決着になるレースですし、そんなに勝負するつもりはなかったのですが、枠順をみてさらに勝負しにくくなりました(^^;

アーモンドアイが堅そうなので、ヒモ荒れを狙いたいのですが外枠に入ったら消そうと思っていた馬達がこぞって内枠(^^;

そんななかいまのところ穴馬として面白そうなのがこちら→穴推奨[最強]競馬ブログランキングへ

 

ヴィクトリアマイル 回顧

~予想~

◎ジュールポレール
〇カワキタエンカ
▲アエロリット
☆レッツゴードンキ
△1 アドマイヤリード
△2 リスグラシュー
△3 ラビットラン
△4 デンコウアンジュ
△5 デアレガーロ

消し ミスパンテール
消し ソウルスターリング

結果

1着 ◎ジュールポレール
2着 △2 リスグラシュー
3着 …レッドアヴァンセ

本命の◎ジュールポレールが前をきっちり捉え、リスグラシューの追撃を抑えての優勝!

しかし、本命馬を2~3着想定で馬券は買っていたので馬券は痛恨の抜け。

こういう馬券をしっかりとらえられないとダメですよね(>_<)

 

レース全体として、雨の影響で内側がかなり悪くなっていたと思っていいのではないだろうか。

東京競馬場は雨が降っている間はどんどん内が悪くなり外差しになるが、雨が止むと内から乾くという性質があるので今回もその影響を受けていたのではないだろうか。

 

カワキタエンカやアドマイヤリードも最内を通っており、この辺のメンバーは度外視いいのではないだろうか。

 

1着 ジュールポレール

時計勝負、極端な切れ味勝負ではなく、レースセンスを生かした先行でなんとか馬券圏内にと思っていたが、想定よりも後ろのポジションから、しっかりと流れに乗りレッドアヴァンセをしっかり捉え、リスグラシューの追撃を抑えて悲願のGⅠ制覇。

雨が降ったことがいい方に働いたと考えてもよさそうで。

とにかくレースセンスのいい馬なので、多頭数、内枠、立ち回り競馬などが向いているはず。

 

2着 リスグラシュー

外枠からの発走で力は出し切ったものの、2着。

差し馬のわりにレースセンスはいいのだが、どうしてもワンパンチ足りない。

デムーロに乗り替わりならあっさりGⅠを勝てるかも。

 

3着 レッドアヴァンセ

前走が恵まれた内容に思えたので、切ってしまったが積極的な先行策から3着を確保。

長くいい足を使えるタイプで、東京や新潟は非常に向いていそう。

条件を選ぶタイプに見えるので、次走合わない条件だとあっさり負けるかも。

 

4着 アエロリット

スタートがNHKマイルカップと比べてしまうとイマイチで、道中も少しづつポジションを上げていったことで最後の粘りがなくなってしまった。

想定よりも早く雨が降ったのはこの馬にはやはりマイナスだったのだろう。

 

5着 ミスパンテール

前走は驚きの逃げで4連勝を決めたが、今回はスタートで後手。

これまでが出来すぎていた部分もあったし、恵まれなければこれでも頑張っている方ではないだろうか。

 

6着 レッツゴードンキ

レース結果を見てみると、内だけ雨の影響を受けていたように見える。

だが、本質的に1600mで時計勝負はこの馬には厳しい条件なのだろう。

距離短縮でもう少し時計のかかる馬場になれば。

 

7着 ソウルスターリング

今回は後方からと決めてルメール騎手が乗っていたようで、道中もかかるそぶりを見せながらも後方からの競馬。

時計勝負、上がり勝負に向かないこの馬後方からここまでこれたのは復調の兆しとみてよさそうで、条件の向いてくれば。

 

8着 アドマイヤリード

雨が降ってきたことでいかにもこの馬が来そうな雰囲気になったが、道中悪いところを走らされた影響か全然伸びず。

ステイゴールド牝馬だけに、もう買い時は過ぎているのかも。

 

9着 ワントゥワン

流石に今回はメンバーが悪かった。

良馬場の距離短縮で。

 

10着 レーヌミノル

終始最内の馬場の悪いところを走って最後には失速。

そもそも、33秒台の上がりを出せるような馬でないだけに、条件も全く合っていなかった。

 

11着 メイズオブオナー

大外枠でこのメンバー相手ではこの結果も仕方なし。

もう少し距離を伸ばして、時計のかかる競馬なら。

 

12着 デンコウアンジュ

外からこの馬らしい競馬をしたが、結果ロスが多くなり見せ場のない形に。

基本的にワンテンポ置いてから追い出したほうが良いタイプなので、蛯名騎手とは手が合わないのでは?

 

13着 ラビットラン

川田騎手らしく出して行って脚が溜まらず惨敗。

自分の競馬をすればもっと上位に来れていたはず。

 

14着 カワキタエンカ

もっと展開的に恵まれるかと思っていたが、早くからの雨と予想以上に突かれたことで厳しいレースに。

距離延長でゆったり逃げられれば。

 

15着 リエノテソーロ

昨年のNHKマイルカップは過大評価しないほういい。

基本的には今後も厳しそう。

 

16着 デアレガーロ

もう少しやれるかと思っていたが、直線は内で全く伸びず。

やはり馬場の内が悪かったのでは?

度外視でいい。

 

17着 エテルナミノル

時計のかかる条件でスタートが改善されればGⅢではやれるはず。

 

18着 クインズミラーグロ

スタートで出遅れて、なにもせず終了。

 

次走の狙い方!