【2018平安ステークス】レース傾向と有力馬考察 | 中間予想

スポンサードリンク




2018年5月19日に京都競馬場、ダート1900mで行われるGⅢ平安ステークスのレース傾向と有力馬考察です。

主な出走予定馬は、グレイトパール、テイエムジンソク、サンライズソア、ミツバ、ハイランドピーク、ジュンバルカン、ナムラアラシ、クインズサターンなど。

平安ステークス レース傾向

この後には、帝王賞くらいしかなく距離も1900mということで何となく隙間レース的な印象のある平安ステークスですが、今年はグレイトパールとテイエムジンソクが出てくることで注目度の高い1戦になりそう。

京都1900mという条件はとにかく逃げ先行馬が有利。

※集計期間2016年1月1日~2018年5月6日

後方からの馬はかなり悲惨な成績なので、穴を狙うなら先行馬を狙いたい。

 

有力馬考察

 

グレイトパール

前走は11か月休み明け、最内枠、不良馬場と不安要素が多数あったものの完勝。

今のレベルの低ダート界なら間違いなく上位と言える存在。

川田騎手なので、ある程度のポジションを取ってくる競馬をしたいだろうがスタートがそれほどいい馬でもないので、外に早い馬がいないほうがいい。

 

テイエムジンソク

前回のフェブラリーステークスは2番人気に支持されながら、12着と惨敗。

古川騎手の久しぶりのGⅠ制覇もろとも裏切ってしまった感じのあるレースだったが、これは言い訳のできる負け方。

フェブラリーステークスは前半ハイペースで進み、先行馬は壊滅的な状態で好走したのがノンコノユメやゴールドドリームなどの追い込み馬。

この馬も、東京競馬場の早い上がりが求められるレースは全くむいていなかったとみていいはずで前走は完全に度外視でいいはず。

グレイトパールよりも確実に位置が取れるのはこのレースでは間違いなくプラスになるはずだし、逆転もあるのでは?

 

サンライズソア

前走はデムーロらしい突然の出遅れで14着と敗退。

早い脚がないので、あの位置からでは勝負になるわけがなく完全に度外視でいい。

シンプルに予想するならこの馬を買うのが正解な気がするが、デムーロ騎乗で過剰人気確実な上にスタートに不安もある。

デムーロ騎手でなければ本命候補だったのだが。

 

中間予想

 

◎テイエムジンソク
〇グレイトパール
[最強]競馬ブログランキングへ

登録頭数が多いので3番手まで。

[最強]競馬ブログランキングへはサンライズソア同様前走で全く競馬になっておらず、大きく人気を落とすなら面白そう。
1900mという距離は初だが、重馬場も得意なタイプなので馬場が悪化しても。