【2018京王杯スプリングカップ】枠順確定後予想!

スポンサードリンク




2018年5月12日に東京競馬場、芝1400mで行われる京王杯スプリングカップの予想です!

主な出走予定馬は、ダンスディレクター、サトノアレス、グレーターロンドン、リライアブルエース、ムーンクエイク、セイウンコウセイ、ダイメイフジ、ウインガニオン、フィアーノロマーノなど。

 

京王杯スプリングカップ 予想

 

1着馬に安田記念の優先出走権が与えられる京王杯スプリングカップ。

1400mという非根幹距離で行われるため、1200mを主戦としている組と、1600mを主戦としている組が入り混じって大混戦のレース。

馬場状態も、今週からBコース替わりに加え週中で結構な雨に降られて良馬場発表ながらやってみないと分からない状態。

高配当が飛び出しやすいレースでもあるし、ここは思い切って穴馬を狙い外れたら仕方がないくらいの気持ちで臨みたい。

 

本命は◎[最強]競馬ブログランキングへ

もう少し内枠が欲しかったところだが、この馬を狙ってみたい。

近走は、掲示板がどうかという競馬を続けているが1200mでの競馬や、相手が強かった阪神カップなど言い訳ができる内容。

阪神カップでのレース内容を考えれば、このメンバーに入ってもやれないことはないはずで、得意の東京1400mなら上昇も見込める。

今の東京の芝コースはとにかく時計が早いが、時計面でも、今回の出走メンバー中2番目のタイムを持っており対応できそう。

 

〇ダンスディレクター

不器用な馬なので、全幅の信頼はおけないが能力はこのメンバーでも最上位。

1400mで叩き2走目ならある程度のポジションを取れそうで、中団くらいから競馬ができれば。

 

▲ダイメイフジ

前走のオーシャンステークスは1000m通過56.2というハイペース。

後続も脚を使わされる展開になりロスなく運んだ前目の馬で決着。

そんななか、後方から唯一伸びてきたのがこの馬。

前走はデムーロのセルフマッチポンプのような追い込み競馬になったが、元々は先行していた馬で先行意識の強い松山騎手ならある程度のポジションを取って競馬してくれるはず。

 

☆ウインガニオン

近走の着順が悪すぎるが、京都金杯は外枠から逃げるために前半でかなり無理をしてしまった。

右回りは全く走らない馬だし、得意の東京に変わっていいスタートを切れれば。

 

△セイウンコウセイ

高松宮記念を制してから精細を欠いており、1200mでの成績が目立てはいるが東京1400mは実績がある。

函館スプリントで超ハイペースを外枠から粘って4着になったように、時計勝負にも対応できそう。

気分よく走れれば。

 

△ムーンクエイク

準オープンを勝ったものの、レベルが高かったとは言えない洛陽ステークスで5着。

実績から言えば、見劣りする感じを受けるが、今回はバルジュー→ルメールと鞍上強化な上に得意な東京コースと条件はかなり好転した。

売れすぎな感じもあるが、内枠からスッと先行できれば残せるかも。

 

△グレーターロンドン

天皇賞(秋)でケチがついてから、イマイチな成績。

昨年の安田記念だけ走れれば当然ここでは突き抜けていいはずだが、高速馬場の1400m戦では力が出し切れなそう。

田辺騎手も後方からピンかパーの競馬をするのが得意なので、後方からロスの多い競馬をしそう。

 

△サトノアレス

富士ステークスは不良馬場の最内枠という最悪の枠からの競馬だったので、度外視でいいはず。

初めての1400mということで未知数な部分はあるが、休み明けの距離短縮がいいほうに働くだろうか?

最内枠を引いたことでロスなく運べれば、頭までありそうだが詰まるリスクや、外を回すロスを考えれるとあまり重い印は打てない。

 

△テオドール△リライアブルエースは一応抑えておきたい。

 

予想印

[最強]競馬ブログランキングへ
〇ダンスディレクター
▲ダイメイフジ
☆ウインガニオン
△セイウンコウセイ
△ムーンクエイク
△グレーターロンドン
△サトノアレス
△テオドール
△リライアブルエース

 

買い方

3連複 ◎-〇▲☆-〇▲☆△

高め狙いで手広く攻めたい。