【2018京王杯スプリングカップ】レース傾向と有力馬考察 中間予想

スポンサードリンク




2018年5月12日に東京競馬場、芝1400mで行われる京王杯スプリングカップのレース傾向と有力馬考察です。

主な出走予定馬は、サトノアレス、ダンスディレクター、グレーターロンドン、キャンベルジュニア、ウインガニオン、セイウンコウセイ、ブラックスピネルなど。

 

雨の日が続きますね(>_<)

GW明けから、ジム通いを始めようと思い入会までしたのですが、雨続きで行けてません。

自宅だとどうしてもだらけてしまうので、ブログもジムの近くの喫茶店で書こうと思っているのに…

 

京王杯スプリングカップ レース傾向

 

昨年は雨の中重馬場で行われたことで、タイムも遅く外差しも決まったので、今年は天気が良ければ全く違うレースになりそう。

ヴィクトリアマイル同様、時計が早く好位からいい脚を使える馬が好走できることが多いレースで追い込みには物理的に32秒台の上がりが必要になる。

1400mという非根幹距離でハイペース決着となれば、好走できる馬は限られてきそうなので近走着順より適性重視で予想してみたいところ。

 

有力馬考察

 

サトノアレス

1600m以下で連を外したのは、不良で内が酷い状態のなか1枠1番からの競馬になった富士ステークスだけ。

キャピタルステークスで1600mを1.32.6という好時計で2着になっており、時計勝負でも案外走れるかも?

休み明けも、次走が好走パターンに当てはまらないレースだったので苦手と決めつけるのは早そうで嫌われるなら妙味が生まれそう。

ただ、未経験の超高速1400m戦で追い込みの1番人気というのは積極的に買いたくはならない。

 

ダンスディレクター

能力は高いのだが、レースセンスに欠ける部分がありなかなか成績がでない時期もあったが、8歳ながら前走の高松宮記念は追い込んで4着と能力は示した。

1400mはどうなのかということだが、阪神カップはイスラボニータに敗れ2着だったもののハイレベルなレースだったし基本的には大丈夫なはず。

スローでレベルが低くなると好走できないことが多い馬なので、レベルが高くなればなるほどいいはず。

NHKマイルカップのように内がごちゃつくような競馬になれば突き抜けるかも。

 

グレーターロンドン

昨年の安田記念は

12.2 – 10.6 – 11.1 – 11.6 – 11.6 – 11.0 – 11.3 – 12.1
12.2 – 22.8 – 33.9 – 45.5 – 57.1 – 1.08.1 – 1.19.4 – 1.31.5 (33.9-34.4)

1400mの通過タイムが1.19.4と近年のこのレースと比較しても早いほどのハイレベルレース。

オープン勝ちからGⅠ初挑戦でこの内容なら注目されて当然だと言えるが、絶好の狙い目だった天皇賞(秋)が雨に祟られてケチがついたのか、その後はオープン特別でも勝つことができていない。

ただ、内容的には、前残りを捉えられず、出していったら脚が溜まらず、直線でまともに追えずとこの馬の能力を出し切れていなかった。

3番人気でなく、穴馬なら買いたいところなのだが流石に過剰人気。

ここで負けて安田記念で狙いたいところ。

 

中間予想

 

[最強]競馬ブログランキングへ
〇ダンスディレクター
▲ダイメイフジ
☆サトノアレス

本命は思い切ってこの馬◎[最強]競馬ブログランキングへにしてみたい。
人気どころが後方からの競馬をする馬ばかりなら、先行できるこの馬にもチャンスはありそう。
1200m戦で走っているイメージの強い馬だが、これまでの走った1400m戦の内容は相手関係を考えれば悪くない。

時計も持っている馬だし、狙う妙味は十分にありそう。