【2018天皇賞(春)】枠順確定後の最終予想!

スポンサードリンク




2018年4月29日に京都競馬場、芝3200mで行われる天皇賞(春)の枠順確定後の最終予想です。

天皇賞(春)の主な出走予定馬は、シュバルグラン、レインボーライン、サトノクロニクル、クリンチャー、ガンコ、チェスナットコート、アルバートなど。

 

いよいよ、天皇賞(春)ですね(^^)/

明日は初めての京都遠征!

馬券的な相性はいいレースとは言えないのですが、天皇賞(春)は大好きなレースなんですよね。

イングランディーレの逃げ切り、ディープインパクトの衝撃のレコード、ビートブラックの逃げ切り、ゴールドシップの大まくりなど。

そんなレースをこの目で見れるというのは今から本当に楽しみ(^^)/

もちろん、遠征費を回収できるように馬券でもがっつり勝って帰ってきたいと思います!!

 

天皇賞(春)

 

日本GⅠ最長距離で行われる天皇賞(春)。

天皇賞(春)と言えば格式のあるレースだったが、近年は長距離レースは避けられる傾向にあることに加え、大阪杯やドバイ遠征という選択肢ができたことでメンバーが手薄になりがち。

特に今年は、今までにないくらいの低レベルなメンバー。

このレースは元々、内枠が圧倒的に有利なレースで枠順や展開であっさり着順が変わってしまうレースなのでしっかり適性や展開を読んで予想していきたい。

 

本命は◎[最強]競馬ブログランキングへ

かなり悩んだ本命馬だが、今年の天皇賞(春)はこの馬に託したいと思います。

反応が鈍いタイプで立ち回り競馬には向いていない印象があるが、メンバーを見渡してもいかにも京都で好走しそうなタイプの馬が見つからない。

レース展開的にも、デムーロあたりが早めに動く競馬になりそうで果たして、単純な前残り内決着競馬になるだろうか?

前走は確かに、スピードの乗りが悪かったことが敗因になったが、それはこの騎手ならもうわかっているはず。

立ち回り競馬は結局騎手次第という面もあり、外人3人が外に入ったとなればこの騎手にチャンスがありそう。

 

〇ガンコ

芝のレースを使い始めてから全くの別馬になったかのような活躍。

レースぶりも先行して押し切るという王道の競馬ができている中で、絶好の内の偶数枠をゲット。

不安なのは、京都の高速馬場に対応できるかどうかだが、スパッと切れる馬もいないので35秒台の上がりで勝てるようなレースを作れれば、この馬にもチャンスがありそう。

 

▲チェスナットコート

実績的に格下で、いくら内枠を引いたからと言っても流石に過剰人気すぎる。

距離延長はプラスに働くと思いますし、蛯名騎手は3000m以上のレースが非常に上手い。

絶対にインを離さないくらいの覚悟で競馬をすれば、十分頭までありそう。

 

☆シュバルグラン

前走の大阪杯があまりにも見せ場がなかったが、休み明け+距離が短かったことを考えれば度外視でいいはず。

今回のメンバーで、昨年のジャパンカップ優勝、有馬記念3着はずば抜けた実績。

早くから騎手を確保して、ここを狙ってきたはずでこれ以下の評価には落とせない。

 

△クリンチャー

急遽武豊騎手から三浦騎手に乗り替わり。

ある程度ポジションを取って競馬してくるはずだし、近走成績を見ればもちろん高い評価をしないといけない馬だが、この馬が好成績を上げているのは重馬場や上がりのかかる競馬ばかり。

スタート後の行き足に不安があり、スタートセンスのいい福永騎手がのるソールインパクトが外にいるというのもマイナスになりそう。

三浦騎手には頑張ってほしいのだが…

 

△レインボーライン

能力こそあるものの、不器用な馬でなかなか勝ちきれなかったが前走で久しぶりの勝利。

阪神大賞典で勝ってきたのだから、注目されるのは当然だが距離が似てるだけで、天皇賞とは条件が全く違う。

昨年も惨敗しているし、余程嵌らないと厳しそう。

 

△ミッキーロケット

キングカメハメハ産駒は様々な条件を走る馬が出ているが、芝の長距離実績は壊滅的な数字で血統だけで買いたくなくなるほどだが、この枠を引いたのなら抑えておきたい。

 

△トーセンバジル

週中の予想では、本命まで考えていた馬だが流石にこの枠に入ってしまっては厳しいのではないだろうか。

スロー濃厚のレースなので、デムーロ騎手がスワーヴリチャードの大阪杯のように早めに上がっていく競馬をしてくる可能性はあるが、おそらくそれで勝ちきれるほどのポテンシャルはないのではないだろうか。

デムーロ騎手は不良馬場の菊花賞こそ勝ったものの、長距離レースは苦手な印象があるし、ダラダラ走ってきて終わりそう。

ただ、外枠はオッズにもしっかり反映していて、デムーロだけに一応抑えておきたい。

 

△ソールインパクト

前走は福永騎手お得意の消極的な競馬でダラダラ外を回らされる厳しい競馬で度外視できる。

相手や展開に恵まれないと好走できないタイプだが、今回はその条件に合致しているような気がする。

1600万でも勝ちきれない馬が天皇賞はちょっと考えずらいが、3着はあるかも。

 

△ヤマカツライデンは一応抑えておく。

 

消 アルバート

京都の高速馬場が向いているとは思えず、前走を見ても年齢的な衰えがありそう。

外枠を引いてしまったし、いらないはず。

 

予想印

 

[最強]競馬ブログランキングへ
〇ガンコ
▲チェスナットコート
☆シュバルグラン
△1クリンチャー
△2レインボーライン
△3ミッキーロケット
△4トーセンバジル
△5ソールインパクト
△6ヤマカツライデン

買い方

 

馬連 ◎-〇▲☆△1

3連複 ◎-〇▲☆-〇▲☆△

△1クリンチャーまでを厚めに買って、それ以下は高めに跳ねるの狙い。