【福島牝馬ステークス本線的中!】2回目のMVP!

スポンサードリンク




 

全く予想していなかったのですが、2回目のMVPになりましたーーー!

前回、MVPを頂いたときはオーシャンステークスで◎キングハートにしていたのですが、これはレースごとの的中者で1位になっていたので、期待していた部分もあったのですが、今回は福島牝馬ステークスでも2位だったので、まさかというのが正直な感想です(^^;

飲みに行こうかとも思ったのですが、日曜日がダメダメでしたし来週は京都遠征もあるので、今日はグッと我慢してお金とエネルギーを京都まで取っておこうと思います(^^)/

福島牝馬ステークス以外はくそみたいな予想になってしまいましたが、今週の予想の振り返りをしてみたいと思います!

福島牝馬ステークス

予想全文はこちら→https://wp.me/p75uNZ-T7

予想印

◎キンショーユキヒメ
〇デンコウアンジュ
▲カワキタエンカ
☆レイホーロマンス
△1 ゲッカコウ
△2 トーセンビクトリー
△3 ワンブレスアウェイ
△4 ブラックオニキス

◎キンショーユキヒメはスタートで後手を踏み、後方から。
カワキタエンカが淡々と流れを作るなか、デンコウアンジュやトーセンビクトリーが早めに動きだす理想的な展開に。

 

1着 ◎キンショーユキヒメ

スタミナの要求される馬場状態、展開とすべてがかみ合った印象を受けるが、こういう条件ではやはり強い。

次走はヴィクトリアマイルになるのだろうが、東京は全く合っている印象を受けないのでお世話になったとはいえ嫌うのが基本になりそう。

秋山騎手JRA全場重賞制覇おめでとうございます!

 

2着 ▲カワキタエンカ

12.4-11.2-11.5-12.1-11.8-11.7-12.2-11.7-12.2

12.4-23.6-35.1-47.2-59.0-1.10.7-1.22.9-1.34.6-1.46.8

緩むところを作らず、後続に脚を使わせながら淡々と逃げる競馬。

4コーナーで早めに競りかけられて、デンコウアンジュやトーセンビクトリーあたりにあっさり交わされたかと思ったが粘り強い競馬で2着を確保。

苦しい中での2着は評価できそうだが、レースの条件は選ぶタイプだろう。

 

3着 〇デンコウアンジュ

決め手がある馬で、ヴィクトリアマイルでの好走もあるので東京向きのイメージがあるが、昨年今年とこのレースで好走しているように小回り適性は高そう。

 

4着 △トーセンビクトリー

立ち回り競馬が得意なこの馬にはやはりこの条件は厳しかった。

年齢的にも厳しくなってきたので、余程恵まれそうなとき以外はいらないかも。

 

5着 ☆レイホーロマンス

内でじっとしていて、最後までしっかり伸びてきている。

内枠より外枠、平坦より坂のあるコースの方が向いていそう。

 

マイラーズカップ

予想全文はこちら→https://wp.me/p75uNZ-Td

予想印

◎エアスピネル
〇サングレーザー
▲ロジクライ
☆ヤングマンパワー
△1 モズアアスコット
△2 ガリバルディ
△3 ベルキャニオン

エアスピネルが思っていたより人気を被っておらず、内枠を引いたので素直に本命にして△モズアアスコットを嫌うというのが本線だったのだが、一番安い目が来てしまった。

 

1着 〇サングレーザー

前が想像以上にやりあってくれたので、漁夫の利的な印象を受けるがこういう競馬をさせたら福永騎手は本当に上手い。

馬もこれまで恵まれない競馬で成績を残してきただけあってやはり能力は上位。

 

2着 △1モズアアスコット

これは完全にルメールにしてやられた。

後方からの競馬でキレ負けするという想定だったが、まさかの先行策。

今回は好走できたが、京都ではキレ負けするというイメージは変える必要はなさそう。

 

3着 ◎エアスピネル

決め手がない馬なので、位置取りが重要だと思っていたが嫌な予感が的中して後方からになり3着確保。

スピード競馬よりももう少し底力が問われるレースのほうが好成績を残せると思うので、GⅠとかの方が流れが向くかも。

 

7着 〇ロジクライ

もう少し展開に恵まれると思って上位評価していたのだが、ハイペースの時計勝負について行けず。

今回の負けはほとんど気にする必要はなさそうで、度外視とみていいのではないだろうか。

 

フローラステークス

予想全文はこちら→https://wp.me/p75uNZ-Td

予想印

◎ラブラブラブ
〇ノーブルカリナン
▲オハナ
☆サトノワルキューレ
△1 カーサデルシエロ
△2ノームコア
△3 ウスベニノキミ
△4 レッドベルローズ
△5 サラキア
△6 ヴェロニカグレース
△7 オスカールビー

 

1着 ☆サトノワルキューレ

出遅れから最後方の競馬になり、今の馬場では厳しいと思っていたのだが直線で外に持ち出し全頭をごぼう抜き。

ここでは力がに抜けていた印象を受けるが、そもそもこのレースのレベルが怪しい感じ。

オークスでも人気になりそうだが、相手が強くなると流石にこの競馬では厳しくなりそう。

こういう競馬で1番人気を持ってきてしまうところが、デムーロの凄さであり予想を難しくする要因なのだが…

 

2着 …パイオニアバイオ

外枠の先行馬というだけで、嫌ってしまったが2着に激走。

外をダラダラ走りながら2着を確保できたのはある程度の評価必要になるだろう。

人気を背負うタイプでもないので、オークスは厳しいかもしれないがどこかで穴をあけそうなタイプ。

 

3着 △ノームコア

最悪の枠順からの競馬になったが、先行して3着に粘り込み。

やはり切れる脚がないので、もう少し流れたほうが良いはず。

 

4着 △サラキア

後方からの競馬で、ロスのない内を通ってきたものの捌くのに手間取り直線ではなかなかまともに追えず。

能力はありそうなのだが、もう少しレースセンスを身につけないと立ち回り勝負では相手にならなそう。

 

16着 ◎ラブラブラブ

スタートで横の馬と接触したものの、ポジションが取れたので道中は期待していたのだが直線を向いたところで歩様がおかしな感じに。

全く実力をだしていないので度外視で良さそうだが、馬の状態が気になるところ。