【2018福島牝馬ステークス】枠順確定後の最終予想

スポンサードリンク




2018年4月21日に福島競馬場、芝1800mで行われる福島牝馬ステークスGⅢの予想です。

主な出走予定馬は、カワキタエンカ、トーセンビクトリー、デンコウアンジュ、レイホーロマンス、ゲッカコウ、ワンブレスアウェイなど。

 

急ではありますが、天皇賞(春)を見に京都競馬場に行くことが決定しましたー!

ゴールデンウィークなので、電車と宿が心配でしたが無事にどちらも確保できました!

京都競馬場どころか、そもそも京都に行くのが今回が初めて。

そんなにゆっくりできるような日程ではないですが、存分に京都を楽しんで来たいと思います(^^)/

ご一緒される皆様、当日はよろしくお願いします\(^o^)/

 

福島牝馬ステークス

1着にヴィクトリアマイルの優先出走権が与えられるレースだが、今年はフルゲート割れの12頭。

このレースを予想する上で重要になりそうなのは馬場状態。

1800mで行われるレースだけを比較してもわかるように、昨年と比べると2秒近く時計がかかっている。

今年行われたレースを映像を見ても、内、先行有利という状態ではなく差しもかなり決まっている印象。

枠順や立ち回り力というよりもスタミナ勝負に強いタイプを買ったほうが良さそうで、最後までしっかりと伸びて来れるタイプを狙いたい。

 

本命は◎[最強]競馬ブログランキングへ

ここのところ連敗続きで人気を落としているが、準オープン勝ちの内容や倒した相手を考えれば、今回のメンバーでは能力上位なのではないだろうか。

近走はダートを使われたり、スローの切れ味勝負になってしまったりとこの馬が好走できるレースではなかったので度外視できる。

今回のコースは平坦小回りになるが、今開催の福島は時計がかかっているしロングスパート戦のスタミナ勝負になれば馬券圏内に来てもいいはず。

 

〇デンコウアンジュ

元々は牝馬クラシックでも期待されていたほどの馬。

この馬も、切れ味勝負よりはスタミナ勝負になったほうが良いタイプで長くいい脚を使える。

前走は時計の早い阪神競馬で後方からと度外視できるレース内容で、今回は大外枠からスムーズに追い出せそうだし、昨年のこのレースのレースぶりを見てみると小回りコースも全く問題にしないはず。

 

▲カワキタエンカ

今回のメンバーを見渡しても逃げそうなのはこの馬とノットフォーマルくらいだが、ノットフォーマルはそもそも逃げられるかすら怪しい感じで展開的にかなり有利だと言えそう。

1600mでせかせか走らされるよりゆったり淡々と走るのがこの馬の好走条件で、今回は得意なパターンに持ち込めそう。

Bコース替わりで、内が有利になることも考えられるので、人気の逃げ馬といえどこのくらいは評価しておいたほうがいいだろう。

 

☆レイホーロマンス

1000万勝ちの身分ながら愛知杯ではマキシマムドパリを抑えて2着。

中山牝馬ステークスでも前残りの展開の中唯一、一頭だけ追い込んでの3着は高く評価していいはず。

今回は、有力馬の中では最内枠を引くことができたし頭数も少ないのでロスの少ない競馬が出来そう。

カワキタエンカを潰そうと他の馬が早く動けば、この馬が最後に突き抜けてきてもなんら驚けない。

 

△ゲッカコウ

福島の戦績が(2.0.0.0)と得意にしている舞台。

決め手がなくなだれ込んで2~3着という競馬しかできないので、切れる脚を持っている馬のいないこのレースはいかにも合っていそう。

位置取りと展開にかなり左右されてしまうが、当然紐には入れておきたい1頭

 

△トーセンビクトリー

能力よりも立ち回り力で勝負するタイプで今の福島の馬場は合わなそう。

展開的にも、早めに動く馬がいればスタミナ勝負になり厳しそうだし、カワキタエンカに楽をさせてしまうと前走のような競馬になってしまう。

田辺騎手というのがなんとも怖いが、人気を考えても嫌って妙味なのでは?

 

福島実績のある△ワンブレスアウェイとなだれ込みがありそうな△ブラックオニキスは一応抑えておきたい。

 

予想印

[最強]競馬ブログランキングへ
〇デンコウアンジュ
▲カワキタエンカ
☆レイホーロマンス
△1 ゲッカコウ
△2 トーセンビクトリー
△3 ワンブレスアウェイ
△4 ブラックオニキス

 

買い方

馬連 ◎-〇▲☆△1

3連複 ◎-〇▲☆-〇▲☆△