【2018マイラーズカップ】レース傾向と有力馬考察 | 中間予想

スポンサードリンク




2018年4月22日に京都競馬場、芝1600mで行われるマイラーズカップのレース傾向と有力馬考察です。

主な出走予定馬は、エアスピネル、サングレーザー、モズアスコット、ロジクライ、ブラックムーン、グァンチャーレ、ヤングマンパワーなど。

マイラーズカップ

今年最初の京都開催は昨年秋に大雨でダメージを受けた影響が残っており、例年のような内が圧倒的に有利な馬場にはなっていなかったが、芝が最も成長するこの時期なのでそろそろ例年のように戻ってきそう。

昨年のイスラボニータは大外枠からまさにワープしたかのように最内に入り、エアスピネルの差し切っておりルメールの上手さが光る一戦だった。

とにかく、内枠が圧倒的に強いレースなので内枠を引いただけで印を回すような思い切りのいい予想をしたほうが良いかもしれない。

有力馬考察

 

エアスピネル

今回のメンバーでは能力上位。

ドスローの切れ味勝負では分が悪いところもあるが、ダービーや菊花賞を見ても操縦性や器用さはいいものを持っている。

負けたレースも勝ち馬に比べるとロスの多い競馬競馬をしているレースがほとんどで、さほど気にする必要はなさそう。

3着以内の確率はかなり高そうだが、外枠を引いてしまったり、超スローの展開になると取りこぼしそうで頭で鉄板というレースにはならないだろう。

 

サングレーザー

前走の阪神カップは間違いなくハイレベルのレース。

勝ったイスラボニータやダンスディレクターよりもかなり外を回っており、ロスの多い競馬をしての3着は評価して良さそう。

立ち回り競馬には向いておらず、基本的に工夫して乗ることができない福永騎手なので完全に枠順次第ということになりそう。

例年のような内有利の馬場で外枠に入ってしまうとダラダラ外を回してレースが終わってしまいそう。

 

モズアスコット

前走の阪急杯は、かなり高速になっていた今年の阪神馬場でダイアナヘイローの逃げを許しただけという内容で、レッドファルクスと一緒に伸びてきたというのは評価できそう。

フランケル産駒はまだ母数が少ないので何ともいえない部分があるが、ソウルスターリングを見ても高速馬場での切れ味勝負では分が悪い印象を受ける。

開幕週の時計の出る競馬に強いとは思えず、ここは多少評価を落としたほうが良いかもしれない。

 

中間予想

[最強]競馬ブログランキングへ

枠順が出ないことには予想が難しいレースなので、本命のみの印に留めた。

前走のような競馬ができれば、先行馬が少ないこのレースなら好勝負になりそう。

何としても内枠が欲しい。