【2018福島牝馬ステークス】レース傾向と有力馬考察 | 中間予想

スポンサードリンク




2018年4月21日に福島牝馬ステークス,芝1800mで行われる福島牝馬ステークスのレース傾向と有力馬考察です。

主な出走予定馬は、カワキタエンカ、トーセンビクトリー、レイホーロマンス、デンコウアンジュ、ゲッカコウ、エンジェルフェイス、キンショーユキヒメなど。

 

福島牝馬ステークス レース傾向

ここまで重賞レースが組まれていなかったので、このブログで今回の福島開催について全く触れて来ませんでしたが、春の福島開催も気づけばもう最終週。

福島競馬と言えば、なんとなく内枠の先行馬を買っておけば当たるようなイメージがあったのですが、今年の福島開催は例年と異なり、かなり時計がかかっている。

1800mで行われたレースだけを比較しただけでも今年の時計のかかり方は異常なレベル。

例年通りであれば最終週といえど、福島の小回りコースらしく内枠の先行馬が活躍できるレースになるのだが、ここまで時計のかかる馬場になるとその傾向が当てはまらなくなりそう。

ここまでの福島競馬を見てみると、後方からの追い込みも良く決まっている印象があり今年は内枠+立ち回り力というよりも、長い脚を使えるスタミナがある馬を狙うのが正解になるのではないだろうか。

毎年波乱が期待できるレースだし、特殊な馬場での競馬になりそうなので特殊な条件でしか走れない穴馬を狙って勝負してみたいところ。

 

有力馬考察

カワキタエンカ

このレースで最も多くの活躍馬を出している中山牝馬ステークスの勝利馬。だが、肝心の中山牝馬ステークスはスローの前残りレースを逃げ切ったもので過大評価はしないほうが良さそう。

ディープインパクト産駒ながら切れる脚が使えず、逃げてどこまでというタイプ。

馬場が渋って、他の馬の切れ味がそがれたほうが相対的にはよさそうなので今の馬場状態もプラスに働きそう。

 

トーセンビクトリー

立ち回りで勝負するタイプの馬で、小回りの1800mという条件は基本的に合っているはず。

早い上がりが使えるタイプでないので、内枠を引いてうまく立ち回る競馬ができれば馬券内に来れそうだが、こてこてのスタミナ勝負になると厳しそう。

基本的に良血で人気先行タイプなので積極的に買いたい馬ではない。

 

レイホーロマンス

1000万勝ちから愛知杯でいきなり2着。

愛知杯,中山牝馬ステークスとどちらもレベルが高かったとは言えないが、中山牝馬ステークスの3着は評価できそう。

 

上位陣が内目の前を走っていたのに対しこの馬は後方の外。

こんなロスの多い競馬で今回1番人気になりそうな、カワキタエンカの3着ならある程度の評価は必要だろう。

例年のような立ち回り力が要求される馬場状態なら、厳しいと思っていたがここまで時計のかかる馬場になったら意外と面白い存在になるかも。

 

中間予想

[最強]競馬ブログランキングへ
〇デンコウアンジュ
▲レイホーロマンス
☆カワキタエンカ

現時点での本命候補はこの馬→[最強]競馬ブログランキングへ

なかなか嵌る条件に当たらず、能力を発揮できていない印象があるが時計がかかる馬場で差しが決まるとなればこの馬の一撃に期待してみたくなる。