【2018桜花賞】レース傾向と有力馬考察 |中間予想

スポンサードリンク




2018年4月8日に阪神競馬場、芝1600mで行われる牝馬クラシック第一弾、桜花賞のレース傾向と出走予定の有力馬の考察記事です。

主な出走予定馬は、ラッキーライラック、アーモンドアイ、リリーノーブル、マウレア、フィニフティ、アンコールプリュ、プリモシーンなど。

 

今週は土曜競馬→ドバイ→日曜競馬とお疲れ様でした(^^)/

土曜日の夜にドバイワールドカップが行われるということで、私も寝る間を惜しんで競馬に取り組むつもりだったのですが、土曜日にがっつり体調を崩してしまいました(>_<)

腹痛と高熱だけしか症状が出なかったのですが、大阪杯の予想を上げて完全に力尽きてしまいました…

まだ、万全の調子ではありませんが今週はいよいよクラシックが始まりますし、体調も準備も万全にして臨みたいと思います!!

先週の予想結果と重賞回顧は別の記事にしてアップします!

桜花賞 レース傾向

 

いよいよ、今週阪神競馬場で桜花賞が行われます。

牡馬クラシックと言えば、やはりダービーですが、牝馬クラシックと言えばオークスよりも桜花賞なのではないでしょうか。

桜は持たないかもしれませんが、いい天気で行われて欲しいですね。

 

桜花賞のレース傾向と言えば、圧倒的にチューリップ賞組が強いということ。

ここ2年はフィリーズレビュー組が絡んでいるものの、昨年は雨の中行われたものだったし、一昨年は離された3着を拾ったという感じ。

もちろん本番と同距離同レースで行われる舞台なだけに、本気で桜花賞を狙う馬はチューリップ賞を狙うので出走馬自体のレベルが高いということはあるだろうが、他のトライアルは桜花賞で問われる適性と全く異なる舞台で行われるからだろう。

桜花賞というレースは、牝馬にとって生涯一度だけの晴れ舞台であり、2歳時に1200mの重賞を勝った馬やスピードの勝ったダート馬が出てくることもあり、基本的にペースは流れることが多い。

それでいて最後の3Fは33秒台の上がりを問われるレースになることが多く、素直に強い差し馬の成績が非常にいい。

立ち回り勝負になることが少ないレースなので、枠順の有利不利は少ない。

血統的には、ディープ産駒の成績が非常にいいが今年はオルフェーブル産駒やロードカナロア産駒などの新種牡馬がおり、ディープ産駒はどうせ人気になるので、血統はあまり気にしなくていいのでは?

 

有力馬考察

 

ラッキーライラック

アルテミスステークスを勝った時は、ポジション取りの差で勝った印象を受けたが、裏を返せばそんなレースでもしっかりとポジションを取れて勝ちきれるレースセンスがあるということ。

阪神JF、チューリップ賞という能力を問われる舞台でも、しっかりと強敵相手に完勝しており正直ケチの付け所がない。

石橋騎手ということで2倍付近のオッズになりそうだが、基本的にはこの馬から買えばいいレースになるのではないだろうか。

 

アーモンドアイ

未勝利戦の内容が圧巻で、シンザン記念でも本命を打っていた馬。

新馬戦はポジション取りで負けてしまっただけで、次走は馬なりでスッと先団に取りつき他馬を相手にしないレースぶり。

シンザン記念も馬場が悪化したことで不安はあったが、前残りの流れを一頭だけ伸びて差し切り勝ち。

トライアルを使って来なかったというのが、不安材料ではあるがルメールだし間違いなく逆転の第一候補だろう。

ただ、今回のメンバーを見渡すとハイペースにはならなそうだし追い込み一辺倒という脚質はこのレースではマイナスに働きそう。

 

リリーノーブル

阪神JF、チューリップ賞とラッキーライラックに敗れており、勝負付けが済んだ印象を受けるが、多頭数の立ち回り勝負は非常に得意そう。

ルーラシップ産駒なので、不器用なイメージがあり、ここ2走は外々を追走するような競馬だったが、白菊賞のレースぶりを見るとこの馬の反応の良さがわかるはず。

キレ負けするタイプなので、ラッキーライラックに勝つには前で競馬をする必要がありそうなので何としても内枠が欲しいところ。

 

人気で嫌いたいのはこの馬→

前走の馬柱だけ見ると、一番の狙いどころのように感じるが明らかにローテーションが悪い。

流れるレースや多頭数の競馬は苦手に映るし、他の上位陣が強そうなのでここは嫌いたい。

 

総括

 

内回りだったとはいえ、大阪杯の結果をみても内が有利な馬場状態。

メンバーを見ても、スローで相対的にポジションを取れている馬が多く行きたい馬は少ない印象。

枠順や立ち回り力が要求されることが少ない桜花賞ではあるが、今年はある程度のポジションを取ることが勝利の近道になりそう。

現時点での印は

◎ラッキーライラック
[最強]競馬ブログランキングへ
▲アーモンドアイ
☆リリーノーブル
△1 デムーロ

色気があるのは、[最強]競馬ブログランキングへではないだろうか。

この産駒は、包まれるのがダメなタイプが多く枠順や展開に左右される部分はあると思うが、外目の2番手から競馬ができれば馬券に絡んでくるようなことがあってもなんら驚けない。