【2018大阪杯】枠順確定後の最終予想

スポンサードリンク




2018年4月1日に阪神競馬場で行われる、芝2000mのGⅠ大阪杯の枠順確定後最終予想です!

主な出走予定馬は、サトノダイヤモンド、アルアイン、スワーヴリチャード、、ミッキースワロー、シュバルグラン、トリオンフ、ペルシアンナイトなど。

土曜競馬おつかれさまでしたー!

ブログで予想した、ダービー卿チャレンジトロフィーは◎テオドールがなぜか後方からのレースをして、脚を余す結果に。
まさか、グレーターロンドンと同じような位置にいるとは思ってもみませんでした(^^;

ヒーズインラブもストーミーシーも上位評価していただけに痛恨の4着…

メルマガで配信した、◎ジョーマイクと◎エイシンバランサーも脚を余す結果になってしまいました(>_<)

次走以降も、狙えそうな馬なので今回本命を打った3頭の今後はしっかり覚えておきたいと思います。

 

かなり更新が遅くなってしまいました(>_<)

土曜日のお昼頃から、原因不明の腹痛と高熱に苦しめられております(>_<)

ようやく、多少動けるようになったのでさくっと予想したいと思います!

 

大阪杯 予想

 

昨年からGⅠに格上げされた大阪杯。

GⅠに格上げされた時から言われていたことではあるのだが、せっかく新設されたGⅠなのに舞台が阪神2000m。

阪神コースは能力が発揮されやすい舞台なのだが、それは外回りでの話であり、大阪杯が行われる2000mは内回り。

過去のレース結果を見てみても、立ち回り勝負になることが多いので、流れに乗れる馬を本命に推したい。

 

本命は◎[最強]競馬ブログランキングへ

この条件ならこの馬を信用してみたい。

距離短縮、時計勝負の方が良いのはこれまでの実績で証明済み。

前で流れに乗るのが非常に得意な馬と騎手が揃ったとなればここは軸として信頼していいはず。

 

対抗〇ミッキースワロー

この枠を引けて、距離短縮、内回りと得意条件が揃った。

最内枠で包まれたり、横山騎手のポツンが発動する可能性も否定できないが、普通に走れればここは好走できるはず。

 

▲ペルシアンナイト

福永騎手ということでかなり人気を落としているが、内枠を引けたのならこのくらいの評価はしていいはず。

福永騎手は下手なのではなく、同じことしかできないだけ。

工夫したレースをすることはGⅠではまずないと思うが、この枠からスタートだけ決めれば内である程度のポジションは取れそうだし2~3着ならあるのでないだろうか。

 

☆トリオンフ

小倉大賞典からGⅠというのはいかにも危ない感じもするが、今回のメンバーを見たときに2000mの内回りならこの馬でも通用しそう。

 

△スワーヴリチャード

右回りより左周りの方が明らかに得意ではあるが、能力的にはここでは一枚上のはず。

不器用なタイプなので、内枠より外枠の方が向いているだろうが、立ち回り勝負になりそうなだけに有馬記念と同じ感じになりそう。

 

△サトノダイヤモンド

前走の負け自体は所詮ステップレースなので気にしなくて良さそうだが、やはり全盛期のような強さはなくなってしまった印象を受ける。

この馬のスター性で過剰人気になっているし、嫌って妙味だろう。

△ダンビュライト

キレないタイプなので、乗り方次第にはなるがポジションを取ってしぶとさを生かす競馬が出来れば上位もありそう。
ただ、浜中騎手が乗れていないことに加え、外枠というのは明らかにマイナス。

予想印

[最強]競馬ブログランキングへ
〇ミッキースワロー
▲ペルシアンナイト
☆トリオンフ
△1 スワーヴリチャード
△2 サトノダイヤモンド
△3 ダンビュライト
△4 ウインブライト
△5 スマートレイア―
△6 ヤマカツエース

買い方

馬連
◎-〇▲☆

馬単
◎→〇▲☆

3連複
◎‐〇▲‐印

本命馬がまず勝ち負けになるだろうという予想で、馬連、馬単が中心。
3連複は、サトノ、スワーヴが飛んだときの高配当狙い。