【2018ダービー卿チャレンジトロフィー】枠順確定後の最終予想

スポンサードリンク




2018年3月31日に中山競馬場、芝1600mで行われるGⅢのハンデ重賞、ダービー卿チャレンジトロフィーの最終予想です。

主な出走予定馬は、レッドアンシェル、グレーターロンドン、マルターズアポジー、ヒーズインラブ、アデイインザライフ、キャンベルジュニアなど。

 

ブログリニューアルしましたーー!

月曜日に恵比寿で競馬ブログをやっておられるオキショーさんと飲んで来ました!

東京育ちなのですが、恵比寿で飲むのは人生初Σ(・□・;)

都会や人込みには耐性があるのですが、恵比寿=「オシャレ」というイメージが…(笑)

競馬観戦の後以外で、競馬ブロガーさんと飲むは初めてだったのですが、楽しく飲みながら、今後ためになるアドバイスをたくさんいただきました(^^)/

今までのブログは自分でも納得いっていなかった部分がたくさんあったので、思い切ってサイトを大幅に変えました!

まだ画像等が貼り付けられていませんが前回よりも見やすいブログになったと思います!
(個人的には気に入っています)

少しづつですが、よりよくしていこうと思います(^^)/

 

2018ダービー卿チャレンジトロフィー 最終予想

 

中山競馬で行われるハンデのGⅢ戦というだけでいかにも波乱が期待できそうなレース。

今開催の中山競馬のレース傾向を見てみると、前残りが決まっている印象があるが、スローペースのレースが多かったのが原因と考えてよさそう。

今年のダービー卿チャレンジトロフィーは、逃げ以外では好走できないマルターズアポジーがいる上に、ミナリク騎手の積極騎乗がありそうなミュゼエイリアン、短距離でも抑えが効かない感じのソルヴェイグと行きたい先行馬が揃った印象。
(マイネルアウラートも逃げないとダメなタイプだが、柴田大知騎手なら競りかけないはず。)

極端なスローになることは考えにくく、単調なスローの前残り決着というのは考えなくて良さそう。

だが、週中の天気がかなり良く、今年は一段と注目度が高そうな皐月賞も控えている開催なので、芝のケアは念入りにしていることも考慮すると後方ポツンから大外一気が決まるほどの馬場ではないはず。

速い流れに対応できて、スムーズな競馬ができる馬を狙いたい!

 

本命は◎[最強]競馬ブログランキングへ

前走がOP特別で、今回がGⅢだとはいえ、「乗り替わりでここまで人気がなくなるの?」と言いたくなるほど予想段階では人気がない。

確かに前走は逃げ馬が勝ったレースで2番手追走と展開に恵まれたように映るが、東京2000mの適性がなかっただけで中山1600mに変わるのは間違いなくプラスのはず。

内過ぎない枠を引けたのもプラスに働きそうだし、前が流れてスタミナが問われる展開になれば馬券内に絡めるだろう。

 

戸崎騎手というのが気に入らないが、対抗〇レッドアンシェルが手堅いはず。

3走前の富士ステークスは、エアスピネル、イスラボニータが勝ったレベルの高い一戦。

しかも、当日は馬場が悪く、同じく内を回った後のGⅠ馬ペルシアンナイトでさえ5着。

明らかに、内を避ける馬がいるような状態で終始内を回っての4着はかなり評価していいはず。

前走の京都金杯は、例年通りの馬場状態ならもっと好勝負になっていただろう。

今回は絶好の内枠を引くことができたし、早い先行馬を前に行かせてスッとポジションが取れれば好勝負になるはず。

信頼度が低いのに、人気になる戸崎騎手というのがなんとも嫌だが…

 

▲はストーミーシーに期待してみたい。

戦績を見ると、いかにも重賞では足りないタイプに映るが今回の条件替わりでパフォーマンスを上げられそう。

末脚に賭けるタイプの馬ではあるが、スローの切れ味勝負よりもある程度流れるもしくは長くいい脚を使うレースの方が向いている。

今回は、外枠を引いたことで包まれることなく直線を向けるはずで内の馬がごちゃつくようなことがあれば一発も。

 

☆ヒーズインラブ

派手なタイプではないが、この馬もこの舞台では堅実に走ってくれそう。

地味な分だけ人気にならなそうだし、次走でオープン競走を勝ったロジクライと0.1差の競馬ができているので昇級とはいえここでも通用しそう。

 

△マルターズアポジー

どのくらいのペースで逃げられるか次第とはなってしまうが、ある程度のハイペースを刻んでも残れるタイプなのでしっかり抑えておきたい。

 

△ゴールドサーベラス

中山1600mが得意な馬で、ハンデ戦となれば当然抑えておかなければいけない馬。

差しの決まる展開になれば。

 

△グレーターロンドン

能力的にはこのメンバー中1.2のものがあると思うのだが、どうも天皇賞でケチがついた感じが否めない。

前走は川田騎手が出していく競馬を試してダメだったので、今回は間違いなく後方からの競馬を選択するはず。

後方からのじっくり脚を溜める競馬自体は良いほうに向きそうだし、ディセンバーステークスよりは流れると思うが、この枠順は最悪。

中山競馬場でこういう追い込み馬に乗せると天才的な上手さを発揮する田辺騎手が不気味ではあるが、派手な競馬をする追い込み馬で人気を被るなら嫌う方に賭けてみたい。

 

消し アデイインザライフ

前走は1年7か月振りだったとはいえ、見せ場がなさすぎ。

余程変わって来れば別だが、最内枠というのも厳しい。

 

人気先行型の△キャンベルジュニアとたまに大穴をあける△サンライズメジャーも抑えておく。

 

予想印

[最強]競馬ブログランキングへ
〇レッドアンシェル
▲ストーミーシー
☆ヒーズインラブ
△1 マルターズアポジー
△2 ゴールドサーベラス
△3 グレーターロンドン
△4 キャンベルジュニア
△5 サンライズメジャー

 

買い方

本命馬は頭というより2~3着のイメージなので、連軸、複軸を中心に馬券を組みたい。

ワイド ◎‐〇▲

馬連 ◎-〇▲☆△1△2

3連複 ◎-〇▲☆‐印

グレーターロンドン絡みの3連系があまりにも安いようならワイドで代用したほうが良いかも。