【2018フラワーカップ 予想】| 目玉競馬

スポンサードリンク




2018年3月17日に中山競馬場で行われる、フラワーカップの予想です。

主な出走予定馬は、カンタービレ、ロックディスタウン、トーセンブレス、メサルティム、ノームコア、バケットリストなど。

 

フラワーカップ

牝馬路線には、チューリップ賞という絶対的な桜花賞へのステップあり、このレースは毎年メンバーが揃わない印象があったが今年は例年以上にメンバーが揃った。

 

本命は◎[最強]競馬ブログランキングへ

新馬戦はドスローの上がり勝負になり負けてしまったが、その後のレースはどちらも見所のある内容。

前走の●●●●は、かなりメンバーの揃った一戦でこの着順なら十分威張れる。

レースぶりも反応よく4コーナーでスッと上がっていける反応の良さと、垂れそうでも最後までしっかり伸びてくる脚を持っていて中山競馬1800mというのは合っていそう。

本来であれば、かなり人気になってもおかしくないはずなのに乗り替わりが嫌われておいしいオッズになりそう。

 

〇カンタービレ

デムーロ人気なのか、想像以上に人気になりそうだがこの馬は高く評価しておいたほうが良さそう。

スタートセンス良くポジションが取れる馬で、上がりもまとめられる器用なタイプ。

2走前の未勝利戦は、後にきさらぎ賞で3着になるラセットと差のない競馬をしているのだから能力はあるはず。

 

▲ノームコア

休み明けということで、評価しにくい部分はあるがアスター賞から順調に成長していればこの馬も評価しておきたい。

内枠で展開利もありそうだし、中山競馬1800mという条件も合っていそう。

 

☆ウスベニノキミ

穴ならこの馬。

スパっと切れる脚が使えないので、取りこぼしが目立つタイプだが、3走前の阪神1800mの競馬が非常に好内容。

前走の未勝利戦もハイレベルな1戦で能力を出し切れれば強い。

京都よりは中山の方が向いていそうだし、反応の悪い馬と内田騎手は相性がいいはず。

 

△ロックディスタウン

前走を見なければ、今年の牝馬の中でもトップ3に入るような内容で2連勝。

オルフェーヴル産駒ということで、スイッチが入ると暴走などもありそうで、飛んでくれる期待も込めて

 

△トーセンブレス

能力はこのメンバーでも上位だが、やはり追い込み一手の競馬しかできないのは不安材料にしかならないだろう。

 

△メサルティム

レースぶりを見ていると、反応が悪そう。

内田騎手からの乗り替わりでどの程度反応するようになるかわからないが、最内枠で被されて包まれると抜け出して来れないこともありそう。

 

△モルフェオルフェ

馬場状態を考慮して逃げ切りも。

 

予想印

[最強]競馬ブログランキングへ
〇カンタービレ
▲ノームコア
☆ウスベニノキミ
△1 ロックディスタウン
△2 トーセンブレス
△3 メサルティム
△4 モルフェオルフェ

買い方

馬連

◎-〇▲☆△1△2

3連複

◎-〇▲☆-〇▲☆△

 

無料メルマガを配信しています!
週末にブログで予想していない平場戦や特別戦を予想しています!
無料のメルマガなので、登録してみてください(^^)/
[br num=”1″]

メルマガ登録・解除 (ID:8805569)