【2018ファルコンステークス レース傾向】 | 目玉競馬

スポンサードリンク




2018年3月17日に中京競馬場で行われるファルコンステークスのレース傾向を探っていきます!

※突出したものがない限り、5年分のデータを使用しています。
※データは、TARGETを利用して出しています。

 

レース傾向

 

 

2013年

2013年ファルコンステークスレース傾向

レースラップ

12.4 – 11.2 – 11.3 – 11.8 – 11.7 – 11.8 – 12.0

2014年

2014年ファルコンステークスレース傾向

レースラップ

11.9 – 10.3 – 10.8 – 11.9 – 12.2 – 11.8 – 12.3

2015年

2015年ファルコンステークスレース傾向

レースラップ

12.0 – 11.0 – 11.4 – 11.6 – 12.0 – 12.1 – 12.8

 

2016年

2016年ファルコンステークスレース傾向

レースラップ

11.9 – 10.5 – 10.9 – 12.0 – 13.1 – 13.0 – 13.6

 

2017年

2017年ファルコンステークスレース傾向

レースラップ

12.0 – 10.8 – 11.2 – 11.8 – 12.1 – 11.4 – 11.8

 

総括

1200mでデビューした短距離馬達にとって、この時期は狙うレースがなく、1400mに挑戦し結果が出れば桜花賞というローテが組めるこのレースを狙ってくる。

そのため、道中のペースが緩まず差し決着になることが多い。

フィリーズレビュー同様、スタミナがありハイペースの競馬経験がある差し馬を狙うのがこのレースでは正解のはず。

中京競馬場は、馬場状態がコロコロ変わるので馬場読みにも注意が必要で、来週に高松宮記念を控えている今週は変にいじってくることはしないと思うが、雨を含んだりすると一気に傾向が変わるので午前中の芝レースの傾向はしっかり見ておきたい。

 

現時点での本命候補はこちら→

人気は確実だが、他の有力どころが走れるか怪しい馬ばかり。
ダートでデビューした馬の好走もあるレースなので、この馬からの爆穴狙いというのが面白いだろう。