【2018スプリングステークス レース傾向】 | 目玉競馬

スポンサードリンク




2018年3月18日に中山競馬場で行われるスプリングステークスのレース傾向を探っていきます。

※突出したものがない限り、5年分のデータを使用しています。
※データは、TARGETを利用して出しています。

予想したダイオライト記念は◎ケイティブレイブにしたものの、3連単の1番人気を嫌って的中ならず(>_<)

今回は的中できませんでしたが、長期的にみればこういうのは買わないほうがいいはず。

まだまだ、これからも地方交流競馬は予想していくので、トータルでしっかり勝ち越せるように頑張ります!!

 

レース傾向

2013年

2013年スプリングステークスレース傾向

レースラップ

12.6 – 11.8 – 12.4 – 11.7 – 11.6 – 12.1 – 12.3 – 11.4 – 11.9

 

2014年

レースラップ

12.4 – 11.4 – 12.0 – 12.4 – 12.1 – 12.1 – 12.1 – 11.7 – 12.2

 

2015年

2015年スプリングステークスレース傾向

レースラップ

12.7 – 11.6 – 12.4 – 13.1 – 12.8 – 12.0 – 11.8 – 11.2 – 11.5

 

2016年

2016年スプリングステークスレース傾向

レースラップ

12.7 – 11.5 – 11.8 – 12.3 – 12.0 – 11.6 – 12.0 – 11.6 – 12.6

 

2017年

2017年スプリングステークスレース傾向

レースラップ

12.6 – 11.7 – 12.1 – 12.2 – 11.7 – 11.8 – 12.1 – 11.8 – 12.4

 

総括

皐月賞トライアルであり、短距離やマイルの方が適性がある馬でも参戦してくることが多いレースで、1600mからの距離延長組も必然的に多くなり、道中緩まないペースになることが多い。

レースの4コーナー画像を見ると外を回した馬が好走しているように映るかもしれないが、このレースで追い込みで好走したのはロードクエストくらいで、後方からでも4コーナーまでにはある程度のポジションにはいないと厳しいレースと言える。

スッと動ける操縦性の良さと、中山適性がある馬がこのレースに向いているタイプを狙うのが正解だろう。

データ的には嫌われそうだが面白そうな馬をこちらで紹介↓

[br num=”1″]

前走が●●●●組と未勝利&新馬から来た馬は好走率が相当低いというデータがあり、これらのレースから来る組はデータ派の方々には嫌われそうだが、今年は●●●●が例年とは異なるレース結果に。

必要以上に嫌われるのなら狙ってみる価値はありそう。