【2018オーシャンステークス レース傾向】 | 目玉競馬

スポンサードリンク




2018年3月3日に中山競馬場で行われるオーシャンステークスのレース傾向を探っていきます!

※突出したものがない限り、5年分のデータを使用しています。
※データは、TARGETを利用して出しています。

 
[cc id=1390 title=”アドセンス広告 オート”]

レース傾向

中山競馬場で行われる1200mの重賞はこのレースとスプリンターズステークスだけでGⅢ戦はこのレースだけ。

 

2018オーシャンステークスレース傾向

5年分の成績を振り返ってみたいと思います。

2013年

2013年オーシャンステークスレース映像

レースラップ

11.8 – 10.5 – 10.8 – 11.5 – 11.5 – 12.4

 

2014年

2014年オーシャンステークスレース映像

レースラップ

12.0 – 10.9 – 11.0 – 11.6 – 11.5 – 11.9

 

2015年

2015年オーシャンステークスレース映像

レースラップ

11.7 – 11.0 – 11.3 – 11.4 – 11.4 – 11.9

 

2016年

2016年オーシャンステークスレース映像

レースラップ

11.6 – 10.3 – 10.8 – 11.3 – 11.4 – 12.1

 

2017年

レースラップ

11.9 – 10.8 – 10.9 – 11.5 – 11.3 – 11.9

 

総括

2013~2016までハクサンムーンが4年連続でハナを切るレースをし、昨年はウインムートとトウショウピストが競り合い毎年のようにハイペースの競馬になるのがオーシャンステークス。
ただ、京都競馬のようにスピードで押し切れるようなレースにはならず早いスピードで長く走れる持続力が要求される。

リピーターも目立つレースで、このコースでの適正がどれだけあるかで予想するのがこのレースの的中の近道だろう。

大波乱も期待できるレースなので、穴馬から思い切り振り回すのも面白いかもしれない。