【2018フェアリーステークス 予想】今年はハイレベル!? | 目玉競馬

スポンサードリンク




金杯はすみませんでした(>_<)

ウインブライトが2着に好走したものの、相手が1番人気のセダブリランテスでは全く

ちなみに、挑戦すると言っていたWIN5も…

WIN5は体に悪いですね(笑)
まあ、ブラックムーンなんて枠順を見た瞬間に全く買う気がなかったので惜しくないと言えば惜しくないのですが、WIN5は買い方次第では凄く大きな利益を出せる馬券だと思うので、買い方を勉強してちょくちょく買ってみたいと思います。

フェアリーステークス 予想

1月7日に中山競馬場11Rに行われる3歳牝馬限定のGⅢ戦。

このレースは毎年毎年低レベルで、昨年のアエロリットくらいしかクラシックで活躍できるような馬が出てこず、すんなり逃げられた馬が馬券になることが多いレース。

だが、今年はクラシックでも楽しみな馬が多数出走してきていて例年以上に楽しみなフェアリーステークスになりそう。

舞台が中山1600mなので、小回り適性や展開だけで来れてしまうレースが多いが、このレースはレベルが高そうなのである程度は能力がないと厳しいだろう。

 

本命は◎[最強]競馬ブログランキングへ

今回人気になっている馬達は新馬、未勝利で後方から凄い末脚を使ったディープインパクト産駒とアルテミスステークスの上位組。

この馬はそのどちらでもなく、かなり地味な印象を受けるタイプだがここまでのレース内容は優秀。

時計のかかる馬場も大丈夫そうだし、この枠からならそこまでロスの多い競馬にならないはず。

 

対抗〇トロワゼトワル

前走のアルテミスステークスの4着は、前残り競馬を中団からの競馬でさらに追い出し待たされるロスがあってのもの。

進路が狭くなっても最後まで伸びてきており小回りコースにも対応できそう。

 

▲プリモシーン

新馬戦は後方からの追い込み馬が上位を占める中先行して2着。

未勝利戦でも、テトラドラクマ相手に勝利しており能力はここでも間違いなく上位。

 

☆テトラドラクマ

前走の内容がとにかく優秀。

ただ、この大外枠と小回りコースは基本的にはマイナスなはず。

 

△サヤカチャン

展開は恵まれそうだが、想像よりも人気になっているし力を出し切れなかったときは脆いタイプ。

予想印

[最強]競馬ブログランキングへ
〇トロワゼトワル
▲プリモシーン
☆テトラドラクマ
△1サヤカチャン
△2スカーレットカラー
△3デュッセルドルフ

買い方

単勝

馬連

◎‐〇▲☆△1

3連複

◎-〇▲-〇▲☆△1 (本線)