2017年1月6日に行われる中山競馬場,芝2000mで行われる中山金杯の展望です。

中山金杯の主な出走予定馬は、セダブリランテス、ウインブライト、ダイワキャグニー、カデナ、ブラックバゴ、デニムアンドルビーなど。

 

あけましておめでとうございます!

新年早々、遅めのスタートですが今年は昨年以上に頑張ってブログ、メルマガとやっていきますので本年もよろしくお願いします(^^)

—–スポンサードリンク—–





 

2018中山金杯レース傾向

2018中山金杯傾向

 

ハンデGⅢ重賞ということで、波乱が起こるイメージがあるがこのレースはそこまで荒れることが少ないレース。

また、ハンデ戦ながら斤量が重い馬の方が好走率が高いので、ハンデで嫌いすぎないほうが良いだろう。

このレースの結果をパッと見て気付くほど、外枠の成績が非常に悪い。

特に今年は、年末の競馬を見ている限り例年以上に内枠有利な馬場になっている感じで、コース替わりになるこのレースは内枠有利という考え方でいいはず。

 

素直にある程度のポジションを取れる、中山適性の高い馬を買ったほうが良いだろう。

 

2018中山金杯予想オッズ

2018中山金杯予想オッズ

有力馬考察

セダブリランテス

新馬戦をダートで勝ち上がり、3連勝で重賞制覇。

前走のアルゼンチン共和国杯では古馬と初対戦ながら3着。

それで、戸崎騎手騎乗ということなら人気になるのは確実だろう。

ただ、アルゼンチン共和国杯は展開に恵まれた部分が多く、特殊な適性が問われるレースということでの成績だということは考えなければいけないだろう。

 

ウインブライト

皐月賞は大外枠からロスの多い競馬、ダービー、毎日王冠は切れ味勝負と向かなかっことを考えれば前走の好走こそこの馬の実力だと言えそう。

中山適性はありそうだし、松岡騎手ならある程度先行してくれそうなので枠順次第では重い印を打ってもいいだろう。

 

ダイワキャグニー

良績が左回りでしかなく、有馬記念のスワーヴリチャードのレースぶりをファンも覚えているだろうし、結構嫌われそう。

 

 

目玉穴馬!

[最強]競馬ブログランキングへ

前走は大幅馬体増で展開も全く向かなかった。

中山適性は非常に高い馬で叩き2走目の今回は上積みがありそう。