【2017朝日杯FS展望】有力馬考察+目玉穴馬 | 目玉競馬

スポンサードリンク




[cc id=1445 title=”最強ブログランキング”]

 

2017年12月17日に阪神競馬場,芝1600mで行われる2歳限定GⅠ朝日杯フューチュリティステークスの展望です。

朝日杯の出走予定馬は、ダノンプレミアム、タワーオブロンドン、ステルヴィオ、ダノンスマッシュ、フロンティア、アサクサゲンキ、カシアスなど。

朝日杯 傾向

 

古くからの競馬ファンの私にとって(言うても競馬歴は15年くらいですが)、このレースが中山ではなく阪神でやっていることにいまだに違和感がある。

このレースが中山で行われていたときは朝日杯で活躍した馬はクラシックで活躍できるような馬がほとんど出ないレースだったが、関東で行われる小回り中山から、関西の外回りの阪神に変わったことで状況が一変。

牝馬と違い皐月賞が2000mで行われることもあり、距離を嫌って回避する一流馬ももちろんいるが確実にこのレースの重要性は増してきている。

阪神ジュベナイルフィリーズ同様素直に強い馬を買えばいいレースと言えそうで、ディープ産駒やキンカメ産駒の強いやつを買えば良さそう。

 

朝日杯 予想オッズ

 

今回は、M.デムーロ騎手が乗らなそうなので上位3頭に人気が集中するはず。

単勝は3強がかなり抜けたオッズになるはずで、予想オッズよりも4番人気以下は売れないだろう。

[cc id=1390 title=”アドセンス広告 オート”]

 

有力馬考察

ダノンプレミアム

今年の2歳戦は昨年と違いハイレベルレースが多数。

そんなレベルの高いレースが多い中でもサウジアラビアRCは超ハイレベル。

枠順、展開などが向いた部分はあるが2走目でこのタイムは並大抵の馬に出せるものではない。

展開も向きそうだし、嫌う理由はほとんどないだろう。

 

タワーオブロンドン

京王杯までの3戦ではききょうステークスの35.2が一番早い上がりタイムで、京王杯でもそれを嫌って評価を下げたのだが、京王杯は33.2の上がりを繰り出して完勝。

距離延長で阪神の1600mに変わるというのは、当然不安材料ではあるがレースぶりを見ている限りでは普通にこなして来そう。

 

ステルヴィオ

新馬戦の東京1600mでロードカナロア産駒の飛躍を感じさせるような完勝。

前走は、上がり2位の馬に0.7差をつける33.5の上がりを繰り出しての2着。

前走でポジション取りが悪くなったのも、大外枠からの競馬で仕方なく下げただけ。

スタート自体に不安はないし、相当高いポテンシャルを持っていそうでこちらもあまり嫌う要素はない。

 

目玉穴馬!

[最強]競馬ブログランキングへ

能力がないのに逃げ先行でどうにかなる舞台ではないので、差し脚が使えるこの馬。

かなり地味なタイプなので、そこまで人気しないと思うがここまでのレースぶりを考えると3強に割って入ってもおかしくないはず。