—–スポンサードリンク—–




2017年12月10日に阪神競馬場,芝1600mで行われる2歳牝馬限定GⅠ阪神ジュベナイルフィリーズの展望です。

阪神JFの出走予定馬は、ロックディスタウン、ラッキーライラック、ベルーガ、ソシアルクラブ、コーディエライト、マウレア、リリーノーブルなど。

 

阪神ジュベナイルフィリーズ レース傾向

2017阪神JF傾向

 

過去5年の傾向を見ると、ソウルスターリング、メジャーエンブレム、ハープスターなど数えきれないほど名馬を輩出しているレース。

どうも2歳戦というと早熟の馬が活躍するイメージがあるが、阪神の外回り1600mというコースは能力差がしっかり結果に表れやすい。

朝日杯も活躍馬を出すレースではなかったが、コースが阪神に変わってから活躍馬が出てきておりこのコースは純粋に強い馬を買えばいいレース。

 

予想オッズ

 

1番人気は2戦2勝で外国人ジョッキーが乗るロックディスタウンが1番人気確実。

ベルーガが離脱したことで、完全に2強オッズになりそう。

 

有力馬考察

ロックディスタウン

今年度からの新種馬オルフェーヴル産駒。

東京、京都などの競馬場ではなく新潟、札幌というローテを使ってきているが、ここまで倒してきた相手が非常に優秀。

新馬戦で倒した、タイムフライヤー、シャルドネゴールドは上のクラスでも活躍しているほどの馬だし、札幌2歳Sではファストアプローチと今年の2歳戦の中でもかなりレベルの高かったサウジアラビアRCでも好走したダブルシャープを抑えての勝利。

ルメール騎手で負けなしなのでかなり売れそうだが、3番手以内の評価はしておいたほうがよさそう。

 

ラッキーライラック

前走のアルテミスステークスは、完全な前残り競馬だったとはいえ前目のポジションからきっちり末脚を使っての勝利。

阪神1600mという舞台は、底力が問われる舞台なのでスローの切れ味勝負しか経験していないというのは不安材料。

 

ソシアルクラブ

母ブエナビスタ、姉コロナシオン同様、新馬戦は後方からの競馬できっちり差し切り勝ち。

血統的に、阪神1600mは最も向いている舞台だと思うし姉のコロナシオンよりは器用さがありそう。

外部的要因で過剰に人気になりそうなので、基本的には軽視の予定。

 

目玉穴馬!

[最強]競馬ブログランキングへ

今回は全く人気がない想定になっているが、そんなに馬鹿にされる馬ではないはず。
前走は距離短縮が悪いほうにでた感じで、前走に目をつぶれば買えない馬ではない。