—–スポンサードリンク—–




2017年12月2日に阪神競馬,芝2000mで行われるチャレンジカップの展望です。

チャレンジカップの出走予定馬は、サトノクロニクル、ブレスジャーニー、モンドインテロ、マキシマムドパリ、デニムアンドルビー、マイネルミラノなど。

 

同じ週にチャレンジカップとチャンピオンズカップがあるとややこしい(>_<)

 

チャレンジカップ レース傾向

今年から、1800mから2000mに距離が変更。

たった2000mの変更だが、内回りから外回りに変更されることで傾向はがらっと変わってくるはず。

阪神外回りというのは、能力が問われやすいコースで個人的に好きなコースだったので内回りに変わってしまったのは非常に残念…

 

チャレンジカップ 予想オッズ

デムーロ騎手がサトノクロニクルに騎乗予定ということもありサトノクロニクルが1番人気濃厚。


—–スポンサードリンク—–




 

有力馬考察

サトノクロニクル

例年通りの1800mなら距離が短くてもポテンシャルの高さが生きたかもしれないが、開幕週の内回り2000mでは反応が鈍いこの馬では適している舞台だとは思えない。

ブレスジャーニ―

クラシックの王道路線ともいえる東スポ杯で、スワーヴリチャードを下してクラシックを期待されたものの故障で離脱。

流石に前回の菊花賞は度外視でいいはずだが、積極的に買いたい馬ではない。

モンドインテロ

ディープインパクト産駒だが好走はほとんどがスタミナが問われるばかり。

スローの立ち回り勝負になりそうな今回は向いてる条件とは言えなそう。

 

目玉穴馬

[最強]競馬ブログランキングへ

開幕週の競馬ということもあり、先行できる立ち回り上手な馬を狙うのが正解なはず。
ポジション取りよく競馬ができたときは安定した成績を残せており、今回の条件はまさにベストなはず。
マイネルミラノを行かせて2~3番手から競馬ができればこの馬の良さを最大限発揮できるだろう。