2017年11月26日に東京競馬場,芝2400mで行われるGⅠジャパンカップの予想です。

ジャパンカップの出走予定馬は、キタサンブラック、サトノクラウン、レイデオロ、シュバルグラン、マカヒキ、ソウルスターリングなど。

 

本日は天皇賞(秋)以来の現地観戦に来てます!
今年は、現地観戦の成績がいいのでなんとかジャパンカップも的中させたい。

 

—–スポンサードリンク—–




ジャパンカップ 予想

 

国内最高賞金を誇るレース。

社台グループの運動会などと揶揄されることもあるくらい、ここ10年は日本馬が圧倒的な成績を残している。

ここ数年、大した海外馬が来ていないというのは理由の一つだと思うが、最大の理由はこのレースがちっとも2400m最強馬決定戦ではないから。

ダービーも枠運と騎手の腕比べみたいなレースになっていると、ダービーの予想のときに書いたが、ジャパンカップも同様にスローの切れ味勝負、立ち回り勝負になることが多い。

 

本命はかなり悩んだ挙句[最強]競馬ブログランキングへ

春までは圧倒的な成績を残していたが、秋初戦がかなりだらしない成績で、ローテーション的にも1番の狙いは天皇賞だったのだろうが、オークスの内容をみれば、東京2400mの立ち回り勝負は1番得意なはずだし、データ的にも外国人ジョッキーで天皇賞からのローテーションは成績がいい。

牝馬が活躍しやすいレースなので、立ち回り力を生かせる競馬ができれば。

対抗は〇キタサンブラック

前走の天皇賞は出遅れながらも、武豊騎手の好騎乗もあり勝利。
前走、出遅れてしまったこともあり今回も出遅れを心配していたが、この馬にとって絶好の後入れ偶数の内枠。
多くの予想家さんがこの馬の評価を対抗にしそうなので、この評価にするのはなんとなく期待値が低そうだが….

▲レイデオロ

今年のダービーはルメールが上手く乗っただけで、大したことないと思っていたが、神戸新聞の内容が非常に良かった。

後ろからでは厳しいかと思っていたが、ルメール騎手がこの枠からそんな競馬をするとは思えず、

☆シュバルグラン

鞍上で少々ぐだぐだしたが、絶好の最内枠。
前走は、1.2着馬がロスの少ない競馬をしたのに比べて外から早めに動くロスの多い競馬で内容は悪くなかった。

頭がなさそうなタイプだが、内でロスなく運べば2~3着なら。

△レインボーライン

前走の好走は、道悪だっただけではない。
ハイペースになるか、岩田騎手が完璧に乗らないと厳しそうだが、天皇賞同様オッズ的に舐められる過ぎている感じがあるので抑えてはおきたい。

△マカヒキ

もっと売れないかと思っていたが、売れてしまっていて妙味がない。
ダービーを勝ったような競馬ができれば、好勝負になりそうだが内田騎手がこの馬と合っている感じがしない。

予想印

[最強]競馬ブログランキングへ
〇キタサンブラック
▲レイデオロ
☆シュバルグラン
△レインボーライン
△マカヒキ

買い方

買われている馬と買われていない馬が明確に分かれていて、印の打ち方よりも買い方が大切になりそう。
基本的には、上位評価4頭で決まるパターンを本線で。

馬単

◎〇→◎〇▲☆

3連複

BOX ◎〇▲☆

3連単(ボーナス)

◎▲→◎〇▲☆→◎〇▲☆

サトノクラウンをバッサリ切って、馬単だけでもしっかり利益を出せるように買いたい。