—–スポンサードリンク—–




2017年11月26日に京都競馬場,芝1200mで行われる京阪杯の展望です。

京阪杯の出走予定馬は、ソルヴェイグ、アットザシーサイド、セイウンコウセイ、ジューヌエコール、メラグラーナ、ヒルノデイバロー、フィドゥーシアなど。

京阪杯過去の傾向

京都の1200mで行われるレースというだけあって、外枠よりは内枠の成績が圧倒的。

先に目標となるGⅠもなく、スプリンターズステークス後のレースになることもあり、1番人気がなかなか好走しないレースで波乱要素も高い。

 

京阪杯予想オッズ




—–スポンサードリンク—–




有力馬考察

ソルヴェイグ

前走はスローな流れのオープン戦を逃げて1着。
キーンランドカップもエポワスに負けており、信頼して買っていい1番人気という感じは全くしない。
例年なら内枠さえ引ければプラスになりそうだが、今の京都は前が止まる馬場になっているのでいかないと脆いこの馬は危険かも。

アットザシーサイド

自己条件に戻り初戦こそ逃げ切りを許して2着に敗れてしまったが、次走はタイムランクB相当の優秀なタイムで楽勝。
1200mの時計のかかる馬場は一番向いていそうな条件だし、重賞初制覇があっても。

セイウンコウセイ

今年の高松宮記念の勝ち馬だが、ここ2走がいくら何でもだらしない。
最も得意な1200mに戻って、時計のかかる競馬になりそうな今回はチャンスはありそうだが…

 

目玉穴馬!

 
[最強]競馬ブログランキングへ

前走はスタートで出遅れての競馬で好走。
スローで後ろの馬には厳しい展開で追い込んでこの成績なら十分評価できる。
時計がかかり差しの決まるレースが一番得意なはずで、今回は絶好の条件。

全く人気にならなそうなので、この馬から手広く買うのもありだと思う。