2017年11月19日に行われるマイルチャンピオンシップの予想です。

出走予定馬は、イスラボニータ、エアスピネル、ペルシアンナイト、レッドファルクス、サングレーザー、サトノアラジンなど。

 

ワグネリアン強かったですね!
一応、馬連1点勝負していたのですが配当が(+_+)

POGで指名している馬なので、このままダービーまで無事にいってほしいです(^^

—–スポンサードリンク—–




マイルチャンピオンシップの予想

 

京都競馬は土曜日にあいにくの雨。

馬場状態が非常に読みにくく予想しにくい部分もあるが、多少時計のかかるフラットな馬場想定。

 

本命は◎[最強]競馬ブログランキングへ

もっと過剰人気になるかと思っていたがそこまで人気になっていないので素直に強いと思っているこの馬が本命。

これまでのレースは騎手の癖もあり勝ちきれなかったが、今回は乗り替わり。

イスラボニータとは前走で勝負付けが済んでいると言えそうで、マイラーズカップはルメールの神騎乗があっただけ。

マルターズアポジーがいてある程度締まった流れになれば、この馬の能力を最大限発揮できそう。

馬場状態が読みにくいだけに、真ん中くらいの枠は良さそう。

陣営がどうしてもこのレースを勝ちたいのはヒシヒシと伝わってくるし、ここがメイチ勝負だろう。

 

対抗は〇ペルシアンナイト

前走は内枠からのスタートで終始馬場の悪いところを走らされ馬も騎手もやる気をなくした感じで度外視でいいはず。

アーリントンカップの内容から能力は通用するはずだし、ハービンジャー産駒ではあるが器用さがあるタイプ。

流石に大外枠なので割引は必要だろうが、雨の影響でマイナスも少なそう。

デムーロ騎手ということで過剰人気している感じはあるが…

 

▲レッドファルクス

安田記念の内容を考えれば、マイルでも十分通用する能力は持っているはず。

M.デムーロ騎手からの乗り替わりになってしまうが、C.デムーロ騎手はかなり乗れる騎手だしマイナスにはならない。

 

☆レーヌミノル

ようやく得意の距離に戻してきた。
桜花賞以降のレースは全くの度外視と言っていい。

ある程度上がりのかかる競馬になったほうが良いタイプだし、今の京都の馬場は合っていそう。
桜花賞馬がここまで人気がないなら狙ってみたい。

 

△イスラボニータは悩みになやんだ挙句このくらいの評価。
ある程度、恵まれないと厳しいと思っているのでマルターズアポジーがある程度引っ張ってくれれば安田記念のようにあっさり飛んでくれるかも。

—–スポンサードリンク—–




予想印

[最強]競馬ブログランキングへ
〇ペルシアンナイト
▲レッドファルクス
☆レーヌミノル
△イスラボニータ
△サングレーザー
△グランシルク
△クルーガー

—–スポンサードリンク—–




買い方

馬連

◎‐〇▲☆

3連複

◎‐〇▲☆‐〇▲☆△

3連単

◎⇔〇▲→印