—–スポンサードリンク—–





2017年11月19日に京都競馬場芝1600mで行われるGⅠマイルチャンピオンシップの展望です。

マイルチャンピオンシップの出走予定馬は、イスラボニータ、エアスピネル、レッドファルクス、ペルシアンナイト、サトノアラジン、サングレーザーなど。

エアスピネルは武豊騎手からムーア騎手に乗り替わりみたいですね。

まあ、いろいろな事情はあるのだと思いますがなんだかなー。

戸崎騎手も相変わらずGⅠにいない…

—–スポンサードリンク—–




マイルチャンピオンシップ レース傾向

京都のレースだが、外枠での好走も多数あり枠順の有利不利は少ないレースになることが多い。

ディープインパクト産駒が毎年のように走っており、ディープ産駒というだけでも注意したほうがいいかもしれない。

 

マイルチャンピオンシップ 予想オッズ

エアスピネルにムーアが乗ることで1番人気は確実。
デムーロ兄弟もかなり騎手人気しそうだし、イスラボニータは単勝が売れるタイプではないのでこの3頭は競った人気になりそう。

有力馬考察

エアスピネル

先週の結果報告の時に軸馬候補とした馬。
昨年のハイレベルなクラシック路線を走り切り、今年からマイル路線へ。

ここまでのレースを振り返ってみると、

京都金杯→グリーンベルトで内が圧倒的に有利な中4コーナーで外から差し切り。

東京新聞杯→プロディガルサンが32.0で上がるような、超スローの切れ味勝負。

マイラーズカップ→外枠からイスラボニータが内に持ち込む完璧な競馬。

安田記念→包まれてまともに追えず、度外視。

札幌記念→内枠有利なレースで大外枠から。距離も長かった。

 

こんな感じで、どの敗戦も言い訳ができる内容。
前走の富士ステークスを見ても、能力では抜けたものをもっているはず。

今回は、ムーア騎手に乗り替わりで陣営もなんとかして勝ちたいんだろうし状態もここに合わせてきているだろう。

個人的には、ムーアになってもあまりプラスにはならなそうなのでただオッズが下がって買いにくい馬になっただけのような…

 

イスラボニータ

この馬とはとにかく相性が悪い…

蛯名騎手からルメール騎手に乗り替わったことで成績を上げてきた馬なので、基本的には先行していいポジションからすっと抜け出す競馬が合っている。

ただ、どうしても決め手に欠けてしまう馬なので頭では買わない予定。

 

レッドファルクス

昨年、スプリンターズステークスを制覇したときはデムーロマジックだと思っていたが今年の高松宮記念、スプリンターズステークスの内容を見るとこの馬の能力は本物。

安田記念でもポジション取りで負けてしまっただけで、京都に変われば1600mはこなせるはず。

距離延長で嫌われるようなら妙味あり。

—–スポンサードリンク—–




目玉穴馬!

[最強]競馬ブログランキングへ

穴馬ではなくなるだろうが、狙いたいのはこの馬

前走は久々の競馬だったことに加え、不利な内枠。

道中もなかなか外に出すことができず、結局最後まで内の悪い部分を走ることになり途中で本気で追うのをやめていた。

前回悪い馬場で本気で走っていないので、ダメージは少なそうだし叩き2走目の上積みもありそう。

この馬が全く穴馬で買えないのが最近の競馬ファンのレベルの高さ…