2017年11月12日エリザベス女王杯の展望です。

出走予定馬は、ヴィブロス、スマートレイアー、ミッキークイーン、ルージュバック、ディアドラ、モズカッチャンなど。

 

エリザベス女王杯 展望

過去の傾向

 

エリザベス女王杯はとりあえず若い馬を買っていればいいレース。
レインボーダリアが勝った年は重馬場だった。

かなり差しのきまりやすいレースだが、昨年のシングウィズジョイ、クイーンスプマンテ、古くはオースミハルカのように能力が足りない大穴馬が絡むことがあり、大穴が絡むとすれば先行馬。

 

予想オッズ

 

海外遠征帰りで前哨戦をあっさり勝ち、とりあえず買っておいたほうがいいルメール騎手が乗るとなれば1番人気はこの馬が濃厚。
ルージュバックもファンが非常に多い馬でムーアが乗るとなれば人気になるはずで、2番人気くらいになってもおかしくない。

 

有力馬考察

ヴィブロス

前走の府中牝馬ステークスは意外と雨の影響を受けず、上がりだけのレース。
最内枠からコースロスなく進み、クロコスミアこそ捉えられなかったものの上がり2位の脚を使って2着。

前走が海外帰りであったことを考えると、今回は叩き2走目で上積みがありそう。

内田騎手以外では崩れたことがない馬だし、ある程度の評価はしなければいけないだろう。

 

ルージュバック

前走は得意な非根幹距離だったとはいえ、内枠からイン突きの競馬で1着。

今回はムーア騎手騎乗でかなり売れることが想定されるし、前走もあまり高評価したいレースではない。

2走目も走らないタイプだし、ムーアだから抑えくらいの評価。

 

スマートレイアー

一昨年のエリザベス女王杯の内容をみて、この馬は活躍すると思い数多くの馬券を取らせてもらった馬。

脚を溜めれば切れるがポジション負けしてしまうし、前に付けると末が甘くなってしまい2~3着を繰り返すタイプだったが、前走は後方で脚を溜めて距離ロスのない競馬をした武豊騎手の好騎乗があり1年半ぶりの勝利。

高齢馬が活躍しないレースだし、前走の競馬ができれば馬券内に来ることもありそうだがあくまでハマったときの抑えくらいでいいだろう。

 

ミッキークイーン

ヴィクトリアマイルは距離が短く惨敗してしまったものの、宝塚記念では後方から外を回すロスがありながら牡馬あいてに3着は立派。

距離が延びるのはいいはずで、休み明けから走れるタイプだし、牝馬同士なら上位のはず。

 

ディアドラ

春の2戦がいかに恵まれていなかったかを象徴するかのような前走の勝利。
ルメール騎手の好騎乗があったのは間違いないが今年の3歳世代では間違いなく能力上位。

ただ、4走目で状態面に不安は残る。

岩田騎手に手が戻るが、京都の外回りなら信頼できる騎手だろう。

目玉穴馬!

[最強]競馬ブログランキングへ

能力的は非常にいいものを持っているはずなのだが、強い馬が毎回前にいる。

距離延長は問題ないはずだし、乗り替わりも2~3着を拾うなら絶好の騎手。

そこまで人気は落ちないと思うが、軸候補の1頭。