—–スポンサードリンク—–




2017年10月29日に東京競馬場で行われる天皇賞(秋)の予想です!

出走馬は、キタサンブラック、サトノクラウン、ソウルスターリング、リアルスティール、サトノアラジン、グレーターロンドンなど。

今日は安田記念以来の東京競馬場に現地観戦に行ってきます!

なんとかいい天気で見られるように祈っていたのですが、無理っぽいですね。
台風もかなり怪しい感じになってきたので、帰りが少し不安ですが久しぶりの東京競馬場を楽しんできます!

一緒に観戦させていただく方々は、めちゃめちゃ競馬が上手な方達なので負けないようにしなければ。

—–スポンサードリンク—–




天皇賞(秋)

土曜日は予想しているよりも雨が降らず、先週のダメージが上手くコース替わりでカバーされたことで内も粘れていたが、明日は朝からずっと雨予報。

雨が降り続けている間は外差し馬場になりそうなので、重馬場適性と外を走れそうな馬を狙ってみたい。

本命は◎[最強]競馬ブログランキングへ

現時点で全く人気がないが、そんなに馬鹿にされるような馬ではないはず。

昨年の●●●●や●●●●●●は全く展開に恵まれていない中で強敵相手に好走しており、レースぶりから重馬場も苦にしないはず。

距離短縮は戦績からプラスに働きそうだし、枠順も極端すぎる枠よりこのくらいの枠はいい。

今回の有力どころは、馬場状態が読みにくいこともあり本命にするにはどうも一押し足りない感じがするしこの馬に夢を預けて手広く勝負というのが面白そう。

〇キタサンブラック

前走の宝塚記念は想像以上の惨敗だが、ダービーのように負けるときはコロッと負けるのがこの馬。
昨年の天皇賞のように、ラチ沿いから離れたところでも走れる馬なので2~3番手の外目から競馬ができれば、外差し馬場になっても対応できるはず。

▲ヤマカツエース

札幌記念はかなり低レベルなレースで、1,2着馬に比べると道中の距離ロスが大きかったので度外視できる内容。

大阪杯を見ても、差しの決まるレースならきっちりいい脚を使ってくれるタイプなので、外差し馬場になれば、GⅠ男が飛んできてもおかしくない。

☆ネオリアリズム

長期の休み明けだが、重馬場のレースはかなり強いはず。
シュタルケというのがなんとも残念だが、泥んこみたいな馬場になればさらにプラウs。

△サトノクラウン

典型的なつかみどころがわかりにくいデムーロのお手馬らしい馬。
血統的にも重馬場の方が良いのは明らかだが、今回の内枠はマイナスなはず。
デムーロというだけでこれ以上は印は下げられない。

△ソウルスターリング

前走の惨敗は想像以上だったが、本来はもう少し走れる馬のはず。
早々に天皇賞を取りに来るローテを選んできたことからも、ここは上積みが期待できるはず。

△グレーターロンドン

晴れの天皇賞なら3番以内の評価になっていた馬だが、重馬場への適性が疑問。

予想印

[最強]競馬ブログランキングへ
〇キタサンブラック
▲ヤマカツエース
☆ネオリアリズム
△1トノクラウン
△2ソウルスターリング
△3グレーターロンドン
△4シャケトラ
△5リアルスティール
×ステファノス
×マカヒキ
×サトノアラジン

買い方

単勝◎

馬連
◎-〇▲☆△1△2△3

3連複
◎‐〇▲☆△1‐印(重ね買い)

—–スポンサードリンク—–