最強競馬ブログランキングへ

ランキングに登録しています。
現在50位くらいですが、応援よろしくお願いします<(_ _)>


—–スポンサードリンク—–




2017年天皇賞(秋)の展望記事です。

出走予定馬は、キタサンブラック、リアルスティール、グレーターロンドン、サトノアラジン、サトノクラウン、ソウルスターリングなど。

 

キタサンブラックの年内での引退が発表されましたね。

馬券的にあまりいい思い出がある馬ではないのですが、現在のトップホースの1頭であるし、競馬界を大いに盛り上げてくれた。

あと、3回しか走る勇姿を見れないのは残念なのですが、残り3戦この馬らしい競馬を見せてもらいたいと思います。

 

傾向


天皇賞(秋)と言えば、メジロマックイーンの降着があまりにも有名。

東京2000mは、コーナーまでの距離が短く内枠の馬が有利というのが定説だったが、ここ数年で一気に傾向が変わってきた。

死に枠だと思われた、8枠がここ2年連続で馬券に絡んでいるし、先週までの馬場状態を見る限りでは、今年の東京開催も外差しが決まりやすい状態。

毎年、上がり1位の馬が馬場に絡んでいるので今年は外枠の差し馬に注目したい。

 

予想オッズ

単勝1番人気はキタサンブラックになりそうだが、2番人気以降はかなり混戦になりそう。

人気は枠順と馬場状態次第だろう。

—–スポンサードリンク—–




 

有力馬考察

 

キタサンブラック

非常に立ち回り上手+強運の持ち主だったが、前走は大外枠を引いてしまい惨敗。
この馬にしては珍しくロスの多い競馬になったということと、天皇賞(春)のダメージが残っていたのが敗因だろう。

買い時は完全に逃してしまった感じの馬だが、今回も先行馬がほとんどおらず展開は恵まれそう。

リアルスティール

この馬も難しい馬ですよね。

デムーロで好走してきて、乗り替わりといいのはなかなか評価が難しいところ。

シュミノー騎手に乗り替わりだが、この騎手はイン突きが得意なタイプで今の東京の馬場で突き抜けるイメージがあまりない。

騎手込みで、2~3着に来そうなタイプ。

サトノアラジン

前走はかなりのスローで、スタミナの全く問われないレースになったのがこの馬にとっては良かった。

今回はキタサンブラックがある程度後ろに脚を使わせるような競馬をするはずで、距離延長は厳しそう。

ソウルスターリング

立ち回り勝負が得意な馬だが、流石に前走はペースが遅すぎて切れ味勝負になりすぎてしまった。

前走は度外視と考えていいはずで、東京大好きな藤沢和雄調教師がここでメイチにしてこないわけがない。

前走で負けたくらいで人気を落とすような馬ではないと思うので、妙味はそれほどなさそうだが…

目玉穴馬!

[最強]競馬ブログランキングへ

宝塚記念でも本命にした馬だが、ここでももう一度狙ってみたい。
今の力のいる馬場は基本的には合っていそうだし、距離短縮もいいほうに働きそう。
昨年の、競馬を見ている限りではもっと走れていいはずで状態が戻っているようならこのメンバーでも十分通用するはず。