最強競馬ブログランキングへ

ランキングに登録しています。
現在50位くらいですが、応援よろしくお願いします<(_ _)>

 

2017年10月22日に行われる3歳牡馬クラシック最終戦菊花賞の予想です。

出走予定馬は、キセキ、アルアイン、ミッキースワロー、ウインガナドル、サトノアーサーなど。

 

富士ステークスは馬場読みこそ合っていたものの、嫌ったイスラボニータが伸びてきて万事急須。
予想が下手だと言われてしまえばそれまでですが、この馬とは本当に相性が悪いですね。

ここで惨敗してもらって、マイルチャンピオンシップで買うというのが個人的に想定していた流れだったのですが、ここで好走されてしまうとは(+_+)

—–スポンサードリンク—–




菊花賞

3冠最後の3000mで行われる菊花賞。

菊花賞というと、毎回議題に上がるのが”距離適性”

ただ、近年の菊花賞は距離適性がない馬でも、道中ロスなく運んだ馬が馬券に絡むシーンが増えてきており、それ故にこのレースにおける枠順というのは非常に重要なファクターになっている。

今年は、雨の影響をもろに受けて不良馬場が濃厚。
そうなってしまうと、距離適性のない馬がロスなく運べば好走できる近年の菊花賞というよりは、スタミナ比べの消耗戦になりそう。

 

本命は◎[最強]競馬ブログランキングへ

これだけ雨が降ってぐしゃぐしゃになれば、この馬が本命でいいだろう。
弱い弱いといわれている今年の3歳世代だが、この世代のレベルの高いレースは皐月賞と青葉賞。

セントライト記念もなかなかレベルの高いレースになったが、菊花賞のセントライト記念組はなかなか好走せず、神戸新聞杯組は圧倒的に成績がいい。

弥生賞、ダービー、神戸新聞杯は切れ味が要求されるレースでこの馬には向く条件ではなかった。
ただ、ハイレベルだった今年の青葉賞は、早めにアドミラブルが先頭に立ちそれを追走する形で2着。

アドミラブルとなかなか差を詰めることはできなかったものの、最後までしっかり伸びていて距離延長でも大丈夫そう。

藤原厩舎の2走目で状態の上向きは期待できそうだし、血統的にも日本では見慣れない血統だが、サドラーズウェルズ-ガリレオの血を継いでおり、重馬場に不安はない。

今年の菊花賞はこの馬の激走に期待!!

 

対抗〇キセキ

そこまで買いたい馬ではないが能力的に強いこの馬を対抗に。

長い直線でのびのび走ったほうがいいタイプの馬ではあるが、重馬場になり他の馬の瞬発力がそがれれば、最後までしっかり伸びてきたこの馬の差し切りもあるだろう。

デムーロは長距離は苦手というデータがあるが、重馬場は滅法得意。
GⅠでの勝負強さに期待して対抗評価。

 

▲ダンビュライト

この馬も本命馬同様、切れ味勝負は厳しいタイプの馬でこの舞台は向いていそう。

 

☆ミッキースワロー

前走内容をだけでいえば、本命候補になるほどの馬だがセントライト記念組、関東馬というのはデータ的には買いにくい。

前走はなんとしても権利を取りに行きたいレースだっただろうし、重馬場と距離適性は未知数。
騎手込みでピンかパーの結果になりそう。

 

△1マイネルヴンシュ

菊花賞の影のステップレース九十九里特別の勝ち馬で、札幌の競馬なんかを見ているとすっと動ける器用さも持っているタイプ。
ステイゴールド産駒ということもあり、重馬場は大丈夫そうだし不安は騎手だけ。

 

—–スポンサードリンク—–




 

予想印

[最強]競馬ブログランキングへ
〇キセキ
▲ダンビュライト
☆ミッキースワロー
△1マイネルヴンシュ
△2サトノクロニクル
△3スティフェリオ
△4トルコロールブルー
△5クリンチャー
×サトノアーサー
×アルアイン

 

—–スポンサードリンク—–




買い方

3連複

◎‐〇▲☆△‐〇▲☆△
ここはかなり手広く買って高め狙いプラス本線重ね買い。

馬連

◎-〇▲☆△1△2

ボーナス

3連単

◎〇→◎〇▲☆→◎〇▲☆△1△2
(本命馬が必ず絡むように)