2017年府中牝馬ステークスの展望です。
府中牝馬ステークスは10月14日に東京競馬場で行われる牝馬限定芝1800mのGⅡ戦です。

出走予定馬は、ヴィブロス、クイーンズリング、アドマイヤリード、クインズミラーグロ、トーセンビクトリーなど。

展望

 

外枠からの好走が目立っているが、これはこのレースがスローの末脚勝負になることが多いから。

秋の東京開催は先週の結果を見ても、外差しが決まっているし、スムーズに加速できる外枠の方がいいのだろう。

スローからのよーいドンに対応できるタイプを狙いたい。

 

予想オッズ

 

海外帰りとはいえ、馬主人気と騎手人気でもヴィブロスが1番人気になるだろう。

ただ、鞍上弱化は最近かなり嫌われる傾向にあり、モレイラ→ルメールといえども多少は影響を受けそう。

 

有力馬考察

 

ヴィブロス

モレイラ騎手が海外馬券を買っている人泣かせの快勝で、海外GⅠ初制覇。

今回は、海外帰りで完全な叩き台。

そんなに重い印を打つことはないだろう。

 

クイーンズリング

デムーロ騎手のお手馬らしいタイプで、とにかく乗り難しい。

サトノクラウン、サウンズオブアースなんかもそうなのだが、とにかくこの手の馬をどうしていいのかがわからない(^^;;

そこそこの印を打って逃げる予定。

 

アドマイヤリード

ルメールがヴィブロスに乗るので、こちらは戸崎。

なんだかな〜というのが正直な感想。

もともと、ルメールと手が合うタイプだとは思っていなかったが。

ステイゴールド産駒で、重馬場は滅法得意そうなので、雨予報はプラスになりそう。

走らなくなるとなかなか復調しないステイゴールド牝馬だけに今回積極的に狙う馬ではないだろう。




目玉穴馬!

今回は2頭紹介したいと思います。

[最強]競馬ブログランキングへ

この馬は3歳時から注目していた馬なのだが、騎手との巡り合わせがよくなくなかなか力を出し切れていない。
じっくり脚を溜めれば、非常にいい末脚を使える馬なので枠順、馬場状態が合えば差してこれるはず。
ただ、あくまで穴馬として面白そうということなので上位人気になるようならリスクのが多いかも。

 

大穴ならこちら↓

人気ブログランキングへ

前走は完全前残りのレースになり、度外視でもいい内容。

末脚はいいものを持っているので、スローの切れ味勝負なら馬券に絡むことがあってもいい。