2017年秋華賞の展望記事です。

秋華賞は京都競馬場で行われる、牝馬限定芝2000mのGⅠで牝馬3冠の最終戦。

出走馬は、アエロリット、リスグラシュー、ディアドラ、ファンディーナ、ラビットラン、モズカッチャン、ミリッサなど。

傾向

秋華賞と言えば、ローズステークスというくらいとにかくローズステークス組の成績が圧倒的。

基本的に阪神1800mというのは実力が素直に結果に反映されやすいコースというのもあるし、レベルの高い関西馬がこちらを選択して秋華賞にくるのだから当然と言えば当然。

ただ、紫苑ステークスが重賞に格上げされてから、ショウナンパンドラやヴィブロスがここからこのレースを制しており、

秋華賞=ローズステークスという固定観念は捨てたほうが良いかもしれない。

今年の牝馬はハイレベルだと言われてきたが、春に活躍した馬たちがローズステークスであっさり上がり馬のラビットランに負けてしまいましたし、春に活躍した馬があっさり敗れるというシーンは考えておいたほうが良いだろう。

レース傾向的にも内枠が有利だし、理想は先日の京都大賞典のスマートレイアーのような競馬ができるのが理想だろう。

 

予想オッズ

net.keibaさんの予想オッズではあまり人気になっていないが、単勝はファンディーナが1番人気くらいになってもおかしくないくらい売れるかも。

ディアドラもルメールというだけで過剰に売れるだろうし、上位4頭が抜けて売れるような単勝オッズになりそう。

 

有力馬考察

ファンディーナ

ディープ産駒の大物がなかなか出てこない世代だったが、新馬戦を衝撃の圧勝劇でようやく出てきた大物を予感させた。

相手が弱かったというのは事実だが、新馬戦から3連勝はまさに圧巻だった。

レースぶりからも持っているものは凄くいいものがあるはずなのだが、やっぱり春はローテーションが悪かったのだろうか。

もちろん、叩き2戦目での上積みを期待できるがスター性の高い馬なので馬券的には悩ましいところ。

ディープインパクト産駒はこのレースに非常にいいが、切れる脚のあるタイプのディープではないのが…

 

アエロリット

オークスを回避して出走したNHKマイルカップでは大外枠から絶好のスタートを決めて、完勝。

桜花賞も横山騎手が全く位置取りを取らない競馬で度外視でいいはず。

前走のクイーンステークスは完勝でしたが、正直ああいう競馬を前哨戦でやるというのはマイナスになることはあっても、プラスにはならないような。

 

ディアドラ

今年の桜花賞、オークスを振り返ってみると、

桜花賞はある程度のポジションにいないと厳しいレースで、後方からの競馬をしたアドマイヤミヤビ、アエロリット、ディアドラなんかは位置取りですでに負けてしまっているような競馬。

オークスは東京競馬場名物の完全内枠有利馬場で上位陣は内の馬が独占。
もともと、桜花賞よりオークスの方が良いと言われていたアドマイヤミヤビだけが大外から飛んできただけ。

このどちらのレースも着順以上に内容が良いレースをしてきて、紫苑ステークスも完勝となれば当然上位評価しないといけない1頭だが、流石にローテーションがきつそう。

内枠を引いて、じっくり脚を溜めることができれば良さそうだが、前走のような競馬では厳しいかも。

 

目玉穴馬

[最強]競馬ブログランキングへ

今回も人気がなさそうだが、枠順次第では十分チャンスはありそう。
前走も追い出しを我慢するほど絶好の手ごたえだったが、決め手比べに負けてしまった。

デビュー以来最速上がりを使ったことのない馬で、突き抜けるイメージはないが、今回も雨が降ってパワーのいる馬場になれば食い込みも十分に期待できそう。