2017年10月7日に東京競馬場で行われるサウジアラビアロイヤルカップの予想です。

出走馬は、ステルヴィオ、ダノンプラチナム、ダブルシャープ、シュバルツボンバー、テンクウなど。

 

今週は地方競馬などもあり、週中の展望記事を書けませんでした(>_<)

集中して、競馬の勉強をできるように今後はカフェなどでブログを更新しようかななんて考えてます。

ただ、近くにスタバがないんですよね…






サウジアラビアRC

ロードカナロア産駒として、最初に衝撃を与えたステルヴィオがいよいよ重賞挑戦。

今年の2歳戦は予想していて楽しいですね。

去年は予想しててもテンションが上がらず、レース後はもっとテンションが下がるという繰り返しだったような…

 

東京競馬はとにかく馬場状態が重要!
だが、読みにくい(笑)

雨が降ると外差し馬場になるのだが、乾くのは内側からなんですよね。
どこが伸びるのか、時計がどのくらいかかるのかがわからない。

当ブログは金曜日の夜に書いているので、一応外差し想定で予想を書いています。

内伸びやタイムが早ければ上位3頭の印の順番は変えるかもしれません。

そんな、前置きをしたうえで、


本命は◎[最強]競馬ブログランキングへ

 

前走は上がり最速の末脚を繰り出したものの、完全な前残り競馬で差し届かず。

直線もかなり外の馬に寄られてしまい、窮屈な状態になってしまった。

反応が良いタイプではないので、外を伸び伸びと走れたほうがこの馬の持ち味は生きるはず。

 

対抗〇シュバルツボンバー

新馬戦で今回人気の一角に推されているダノンプレミアムに負けてしまっているが、道中かなりのスローで進み後半だけ早いというレース。

そんなレースを後方から外々を回って来れば最後伸びて来れるはずもなく、次走の未勝利戦が本来の能力だと考えていいはず。

 

▲ステルヴィオ

新馬戦の内容がとにかく優秀でそれだけをみれば、このくらいのメンバーにははっきり言って負けるはずがない。

ただ、前走のコスモス賞はメンバーが相当悲惨だったにも関わらず、クビ差まで詰め寄られた内容には不満が残る。

重馬場で外枠というのはこの馬にはベストな条件ではないはず。

 

☆ダブルシャープ

前走はスタート後挟まれる不利があり、ポジションを下げてしまった。

そこから最後方まで下げても、なかなか折り合いがつかないちぐはぐな競馬。

ここから大外を捲って、ロックディスタウンとファストアプローチに迫ったのは素直に高い評価をしてよさそう。

こういうタイプは、不利を受けやすいので4番手評価。

 






予想印

[最強]競馬ブログランキングへ
〇シュバルツボンバー
▲ステルヴィオ
☆ダブルシャープ
△1カーボナード
△2エングローサー
△3ルジェーロ
△4ボウルズ

 

買い方

ステルヴィオが来る可能性は高そうだが、2着や着外という馬券も買っておきたい。

馬連

◎〇-◎〇▲☆

馬単

◎〇→▲

3連複

◎-〇▲☆-印

ダノンプレミアムやコスモインザハートあたりが来てしまったときのために、本線だけワイドをオッズ次第では抑えるかもしれません。