2017年9月30日に阪神競馬場で行われるシリウスステークスの展望です。

阪神競馬、ダート2000m、GⅢのハンデ戦。

出走馬予定馬は、ミツバ、マスクゾロ、モルトベーネ、ピオネロ、ドラゴンバローズなどです。

 

過去傾向

ダートの中距離戦で行われるのに、ハンデ戦ということもあり今年は50kg~57.5kgと幅のあるハンデ。

阪神2000mの重賞はこのレースしかなく、特殊なイメージがあるがそれほど目立った傾向がない。

芝で好走して、ダートで物足りなかった馬が馬券圏内にくることがあるのは抑えておきたい。

 

予想オッズ(netkeiba)






有力馬考察

 

ミツバ

 

昨年のブラジルカップで、奇襲策の逃げを打って楽勝の逃げ切り勝ち。

良くも悪くも横山騎手に極端な競馬をされ続けたことで、脚質に幅が出てきた。

松山騎手だけにポツンや大逃げのような競馬はしないと思うが、予想しにくい1頭。

 

 

マスクゾロ

 

昨年のハイレベルなシリウスステークスを制したのち、長期休養。

復帰初戦も直前で除外されて、順調さを欠いたが、前走は2着で踏ん張った。

叩いて状態が上がってくれば、当然好勝負可能。

 

 

ピオネロ

 

昨年のシリウスステークスの内容が非常に優秀だったので、活躍を期待していたが、イマイチパッとせず。

この馬はスタミナを問われる条件でないと活躍出来ないタイプで、近走は好走出来ない条件だった。

東海ステークスはレベルが低すぎた上に、川須騎手。

平安ステークスは距離伸びて良さそうな条件だったのに、石橋騎手がかなり後方からの競馬。

前走はルメールだったものの、1700mの高速ダートで度外視できる。

ルメールから福永に変わることで過剰に騎手人気することもなくなるのもいい。

昨年も好走したように、阪神2000mは向いてそうだか、高速馬場になると少しマイナスかも。

 

 

モルトベーネ

 

この馬もデムーロでかなり人気になるはず。

東海ステークスは低レベルだった上に、内2~3番手からショウナンアポロンを交わすだけという非常に楽な競馬。

アルデバランステークスもピオネロを負かしてはいるが、先行馬が有利な流れでのもの。

唯一、評価できそうなのは前走のアンタレスステークスくらいなもので、今回の長期休み明け+斤量増では厳しそうに映る。

デムーロなので抑えは必要だと思うが…

 

 






目玉穴馬

[最強]競馬ブログランキングへ

ある程度人気になってしまいそうだが、大穴が来るようなレースではないので、昇級でもこの馬は面白そう。

今のダート界は短距離同様層が薄く、重賞初挑戦でもあっさり勝てることも。

2走前の薩摩ステークスでは、マインシャッツの3着だったが、小回りの1700mでは追走に苦労していた感じだし、今回距離が伸びて斤量3kg減ならこのメンバーでも十分通用しそう。