2017年10月1日に中山競馬場で行われるスプリンターズステークスの展望です。

中山競馬芝1200mで行われるスプリントGⅠです。

出走馬は、ビックアーサー、レッドファルクス、ダイアナヘイロー、メラグラーナ、セイウンコウセイなどが出走予定です。






 

レース傾向

スプリンターズステークス傾向

※2014年は新潟開催だった上に、重馬場での競馬だったのでデータとして気にする必要はなし。

 

秋の開幕GⅠ。短距離王決定戦と言えるスプリンターズステークス。

とにかく、今のスプリント路線は非常にレベルが低く、重賞の度に展開が向いた馬か騎手が上手く乗った馬が勝つような状況。

春のチャンピオンのセイウンコウセイは上がり馬にあっさり負けてしまったし、ビックアーサー、レッドファルクス、レッツゴードンキは全てぶっつけ本番で傾向もわかり易いものがあまりないので、予想するのはかなり難しくなりそう。

個人的に、一番気になるのはやはり馬場状態。

先週もかなり内が有利な馬場状態でスローのレースが多かったとはいえ、上がりタイムも33秒が出ていたりと高速化。

中山の最終週のGⅠは皐月賞のように馬場をいじってくることが多い気がする。

レベルの低いスプリント路線を盛り上げて年末の香港競馬につなげるために、ローラーをかけてきて異常なタイムが出る馬場にしてくる可能性もありそう。

土曜、日曜と馬場状態にはいつも以上に注意したい。

 

予想オッズ(netkeiba)

スプリンターズステークス

 

レッドファルクスが安田記念からのぶっつけになるが、休み明けは大丈夫なタイプ。

ルメールがいないので、デムーロ人気がさらに加速しそうで1番人気は間違いないだろう。

ダイアナヘイローは連勝+武豊騎手ということで単勝だけは2番人気になりそうだが、玄人ファンからは嫌われそう。






有力馬考察

 

レッドファルクス

この馬強いのか?

と思い続け、昨年のスプリンターズステークスからずっと嫌っているのだが、香港競馬以外は馬券県内。

短距離のレベルが高い香港競馬で全く通用しなかったところをみると、この馬も強くはないがデムーロ+短距離路線のレベルの低さで相対的に上にいるだけという印象が強い。

 

昨年の香港競馬で全く通用しないのが分かっただろうし、おそらくここは取りたいはずで休み明けでも仕上げてはくるだろう。

デムーロじゃなければ嫌ってもいいのだが…

 

セイウンコウセイ

高松宮記念を勝ち、短距離界の主役になったかと思ったが、秋初戦は高速馬場に泣き4着。

重馬場がいいとまでは言わないが、平坦よりは中山の1200mの方が向いているタイプだし、叩き2走目で上積みがあればこの舞台では十分主役候補。

 

ダイアナヘイロー

随分、昔の話になるがフィリーズレビューでかなり酷い騎乗をされてしまいクラシックを断念。

そのレースぶりから、得意の短距離路線で自己条件に戻ればあっさりかと思ったが、1000万でなかなか勝ち切れず。

4走前に500万下に降級してから馬が変わったのか目下4連勝で重賞初制覇。

短距離路線の層が薄すぎて、クラスの壁がなくなってしまっている感じも受けるし連勝中+武豊ということではっきり言って買いたい馬ではない。

 

ビックアーサー

長期休養からのぶっつけ。

昨年は捌けなっただけの負けで、当然度外視できるはず。

休み明けでも走れるタイプなので、休み明けということで過剰に嫌われるようなら素直にここから入るというのが自然な気もする。

馬場がフラットでないとGⅠの福永騎手なので、取りこぼす可能性は高そうだか…

 

ファインニードル

乗り替わりが致命的過ぎる。

内田騎手は乗れなくなると信じられないくらい乗れなくなるタイプで今はまさにスランプ中。

前走もかなり内に有利な馬場状態でデムーロが上手く乗ったこともあり、レベルもいまいちだった。

 

目玉穴馬

 

[最強]競馬ブログランキングへ

叩き良化型なので、前走からの上積みは大きそう。

状態や取りこぼしが多かったことで、やっと出られたという感じでここはきっちり仕上げて来そう。

馬場状態や展開に左右されるタイプなので、現時点では何とも言えないがある程度の印は回す予定。

 

人気ブログランキングへ

除外対象なので出て来れなそうだが、出てきたら面白そうな1頭。

前走は上位陣に比べると明らかに距離ロスが多く、高速決着に対応できるタイプ。

もし、出てこれたら爆穴として印は回したいのだが…