—–スポンサードリンク—–




2017年9月24日に阪神11Rで行われる神戸新聞杯の予想です。

阪神競馬場、芝2400mの菊花賞トライアル。

出走馬は、レイデオロ、キセキ、サトノアーサー、ダンビュライト、ベストアプローチなど。

—–スポンサードリンク—–




神戸新聞杯 予想

ダービー馬のレイデオロがいよいよ始動。

展望記事で最近のダービーは運や騎手が大切だと書きましたが、やっぱりダービー馬の秋初戦は楽しみ。

本命は◎[最強]競馬ブログランキングへ

もう少し人気になると思っていたが、どこを見ても嫌われまくっていて想像以上に人気がない。

弥生賞はかなりのスローになり、はっきり言ってほとんど評価できない内容なのは間違いないが、皐月賞とダービーは言い訳ができる内容。

皐月賞は道中でペルシアンナイトと共に上がっていったが、勝負所で前が開かず追い出しが遅れた上に外に持ち出すというロスがありスムーズな競馬ができなかった。

ダービーは正直この騎手ダービー勝つ気があるのか?
と思うような位置取りからの競馬で度外視できるはず。

百日草特別で不利がありながら、アドマイヤミヤビを追い詰めたことを考えてもこのメンバーで通用してもおかしくない。

 

〇ベストアプローチ

こちらは本命馬と違いかなり玄人に買われそうな印象。

ダービーよりも厳しいレースになった青葉賞を見ても、実力は合ってもパンチ力が足りないタイプ。

展開や馬場差が影響されにくい阪神2400mは絶好の舞台と言えそう。

単勝と比較すると3連系はかなり売れているのでオッズには注意したい。

 

対抗▲キセキ

今年のクラシック路線のレベルを考えれば、古馬相手の前走のレースはこのメンバーではかなり優秀な内容。

今年のダービーがあんな感じのレースで終わったこと+デムーロ騎乗ということで必要以上に人気を被りすぎているのが気になるが、頭に突き抜ける可能性が非常に高い1頭。

 

☆レイデオロ

ダービー馬というブランドがあるし、データ的にもダービー馬が走るレースではあるがここまで人気になると飛ぶパターンの馬券を買っておきたいと思ってしまう。

ここは絶対に叩き台であるし、春には距離不安もささやかれていた馬。

普通に考えれば、3着は外さなそうだが…

 

予想印

[最強]競馬ブログランキングへ
○ベストアプローチ
▲キセキ
☆レイデオロ
△アドマイヤウイナー
△サトノアーサー

—–スポンサードリンク—–




買い方

基本的に本命◎、対抗○のどちらかが来て、▲キセキと☆レイデオロのどちらかが来るというのが大本線。

3連複

◎○‐▲☆-◎○▲☆ 4点(大本線)

◎〇-▲☆‐△ 2点(抑え)

3連単

▲☆→◎○⇔◎○▲☆△