—–スポンサードリンク—–




中山競馬

~~~JRA発表の馬場状態~~~

芝の状態

先週の競馬による傷みはほとんど無く、引き続き良好な状態です。
芝の草丈

(芝コース)野芝約12~14cm
(障害コース)野芝約12~14cm、洋芝約12~14cm
使用コース

Bコース(Aコースから3m外に内柵を設置)

(1)芝コース
10日(日)、14日(木)芝の生育管理のため散水を実施しました。
13日(水)芝刈りを実施しました。
14日(木)肥料を散布しました。

(2)ダートコース
12日(火)~15日(金)クッション砂の砂厚を調整(9.0cm)しました。

(3)障害コース
12日(火)芝刈りを実施しました。

~~~~~~~~~~

2016年9月10日(日) 中山競馬 芝コース

 

1R 2歳未勝利 芝1200m

中山競馬 9-10-2

1000m通貨が57.2というハイペースでレトリックが逃げ切り勝ち。

このレースは明らかに1着のレトリックと2着のクイーンズテソーロの能力が抜けていた。

3着には離れた後方2番手を追走していたキーローズが大外から追い込んできたが、これはレベルの低いメンバーがハイペースで垂れてきたところを差し込んできただけ。

 

2R 2歳未勝利 芝2000m

 

少頭数の2000m戦で1000m通過が1.03.1というスローペース。

ガクッとペースが下がったところでマイネルアーリーが上がっていき、それに続いてミレフォリウムが捲り4コーナーでは先頭に。

1000mくらいの超ロングスパート戦になり後方から能力上位のランリーナが差し切った。

馬場状態云々よりロングスパート戦の適正と能力が問われた1戦だった。

 

5R 新馬戦 芝1600m

スローでの上がり勝負になり、ウインディマンシュが勝利。

レベルも高くなさそうな1戦で上位とその他には能力差があるように映った。

 

8R 3歳500万下 芝1800m

レッドミラベルが早めに動き、ロングスパート戦に。

捲りきられなかったラベンダーメモリーが2着粘りこみ、内を追走してスムーズに馬群を捌いてきたラッシュアタックが優勝。

 

9R 3歳上1000万下 芝1600m

スローの切れ味勝負になり、最後方からパルティトゥーラが差し切り勝ち。

道中外を回るロスの多い競馬をしていたアッラサルーテが惨敗し、コートシャルマンが好走していることをみても、内枠先行が有利な馬場状態だった。

 

11R 京成杯オータムハンデ 芝1600m

マルターズアポジーが淡々とした緩みないペースで逃げたこともあり、先行勢は全滅。

全滅した先行勢が下がったことで、内で脚を溜めていた馬は馬群を捌くことができず外からスムーズに加速できた組の好走が目立った。

 

総括

前日がやや内、先行が有利な馬場状態だったこともあり早めに動く馬が多くロングスパート勝負になったレースが多かった。

前日ほど、馬場差がありそうではないように見えたが特殊なレースや能力差が大きいレースが多かった印象。

 

阪神競馬

~~~JRA発表の馬場状態~~~

馬場状態

( 芝 ) 良
(ダート) 良
芝の状態

1週使用しましたが、大きな傷みも無く引き続き良好な状態です。
芝の草丈

(芝コース)野芝約10~14cm
(障害コース)野芝約10~12cm
使用コース

Aコース(内柵を最内に設置)
~~~~~~~~~~

2016年9月10日(日) 阪神競馬 芝コース

 

2R 2歳未勝利 芝1600m

阪神外回りということもあり、スローの切れ味勝負に。

ロスなく内を立ち回った人気薄のスプリングフライトが3着に食い込んできた。

 

5R メイクデビュー阪神 芝2000m

内回りの2000m戦ですが、大きく出遅れて最高から競馬をしたシルヴァンシャーが前評判通り後方から大外一気で勝利。

ここは上位2頭の力が抜けており、ロスなく逃げたケイティクレバーが3着。

 

6R メイクデビュー阪神 1400m

新馬戦のわりにはそこそこペースが流れた印象で、上位3頭の力が抜けていたので内回りの1400m戦でも外からの差しが決まった。

 

10R 3歳上1600万下

 

圧倒的1番人気のミエノサクシードが出遅れて、後方から大外一気も届かず2着。

逃げた勝ち馬が32.8を使ってしまっては届くはずもなかった。

 

11R 3歳上オープン 芝1200m

4コーナーで最内を回った馬が好走しており、完全に内が有利な馬場状態だった。

 

12R 3歳上500万下 芝1600m

グランノーブルがかなり離した逃げをうったが、後続はスローの切れ味勝負になった。

 

総括

1600mや1800mの外回りは力が出しやすく、余程でない限りは差しが決まる馬場状態。

内回りは内、先行がやや有利な馬場状態だった。




ブログランキングに参加させていただいております。

クリックしていただけると、ブログ更新の励みになります。

よろしくお願いします!