—–スポンサードリンク—–







ブログランキングに参加させていただいております。

クリックしていただけると、ブログ更新の励みになります。

よろしくお願いします!


2017年8月20日に行われるTV西日本北九州記念のレース展望と考察です。

今年で52回を迎えるTV西日本北九州記念。

小倉競馬場、芝1200mで行われるGⅢ戦です。

出走馬は、ダイアナヘイロー、キングハート、ファインニードル、アクティミノルなどが出走予定です。

過去の傾向

夏の小倉で行われる短距離戦。
小回り小倉で行われる割には外枠の馬が活躍しており、差しも決まるというのが例年のパターン。

2014年はスタートが天才的に上手だったアンバルブライベンがすんなりハナに立ったので、ハイペースでも前が残ったが、ハナ争いが激しくなれば前の馬には厳しい展開になりやすい。

今年は昨年ほど外差しが決まる馬場ではないが、このレースに限っては差し馬を中心に考えた方が良さそう。

有力馬考察

 

ダイアナヘイロー

Fレビューで残念騎乗で4着になったときから、ある程度活躍しそうだと思っていたがなかなか勝ち上がれず、条件戦で苦しんでいたがここにきて3連勝。

逃げ馬はこのレースでは不振だし、ここのところ使い詰めで上積みはなさそう。

斤量減は魅力だが、今回は嫌いたい人気馬。

 

キングハート

前走は異常に時計の早くなった函館SSでジューヌエコールの2着。

前半が32.2というハイペース流れのレースを経験したのはこのレースではプラスに働きそう。

中谷騎手が乗ることもあり、スムーズな進路取りができる外枠よりの枠の方がこのレースではいいかもしれない。

ファインニードル

2走前の1400m戦から得意の1200mに距離を短縮して降級した前走は内枠からスムーズな競馬で勝利。

展開が向いた面もあったし、逃げなくても競馬ができることが証明できたのは大きな収穫だった。

デムーロ騎手が乗るということで、過剰人気は確実だろうが抑えてはおかないといけない馬だろう。

目玉穴馬

このレースで注目してみたい穴馬はこちら→ 競馬ブログランキングへ

この馬は条件にうるさい馬で、切れ味勝負ではどうしてもキレ負けてしまう。
鞍馬ステークスの内容を見返してみると、馬群を捌くのに時間がかかってしまっておりスムーズならもっと僅差になっていただろう。

バテ比べになりやすい小倉で一変する可能性もありそう。

—–スポンサードリンク—–