—–スポンサードリンク—–




2017年8月13日に行われるエルムステークスの過去のレース傾向と展望です。

今年で22回を迎えるエルムステークス。

札幌競馬場、ダート1700mで行われるGⅢ戦。

出走馬は、テイエムジンソク、ピオネロ、ロンドンタウン、クリノスターオーなどが出走予定です。

過去の傾向

 

ダート1700mで行われる唯一の重賞。
1800mよりも距離は短くなる上に、小回りのローカル開催しか行われないのでポジション取りが激しくなり、早めに動く馬がいたりとなかなか読みにくいレースになりがち。

展開や乗り方が大きく結果を左右しそうで、能力が足りなそうでも向きそうな馬を買ったほうが良いレースと言えそう。

有力馬展望

テイエムジンソク

竹之下騎手から古川騎手に替わってから馬ががらりと一変したかのような連勝。
どうも騎手の良し悪しは積極性や、ポジション取りで論じられることが多いが、根本的に走らせるのが上手くない騎手もいるというのを教えてくれている感じ。
ここ3走はすべて圧勝という内容で、いかに古川騎手といえど1倍台の人気は確実。
このレースを狙ってきている馬も多くいて、これまでと同じような楽なレースにはならないはず。
取りこぼしも十分考えられそう。

ピオネロ

昨年のシリウスステークスの内容を考えればもっとやれていいはずだと思っているが、なかなか勝ちきれない。
馬券外になったときは綺麗に川須騎手、石橋騎手で好走は戸崎、福永、ルメール、ムーア騎手。
今回はルメール騎手になるので、人気になるのは間違いないが上手い騎手が乗ってくれるのはこの馬にとってプラスになるはず。
能力を出し切れれば、ここでも能力は上位。

ロンドンタウン

東海ステークスから目をつけている馬なのだが、レース選択が良くなく全くいい思いをさせてもらえてない。
距離延長よりは短縮の方が良さそうだし、1700mのダートが非常にうまい岩田騎手が乗るのはプラス。
ただ、3番人気で買いたい馬ではないのだが…

このレースで狙ってみたい穴馬はこちら→競馬ブログランキングへ

前走は藤岡佑介騎手にかなり無理な逃げを強いられてしまい惨敗したが、元々ハイペースでも逃げられるタイプ。
今回、ぱっと見逃げ馬が多く見えるが近走逃げを打てていない馬も多く、案外すんなり逃げを打てるかも。




ブログランキングに参加させていただいております。

クリックしていただけると、ブログ更新の励みになります。

よろしくお願いします!

—–スポンサードリンク—–