更新が滞ってしまいました(>_<)

この期間に当サイトを訪れてくれた方々申し訳ありませんでした。
近々、こちらのサイトをパワーアップさせるべく、様々な準備をしておりました。

今週は、日曜日にBBQがあるのでがっつり競馬することはできないのですが、しっかり予想して楽しいBBQをしたいと思います!

まだ、ランキング登録は時期尚早かと思ったのですが、最近始まったばかりのようなので登録してみました。
もし、よろしければポチってください。ペコリ(o_ _)o))


競馬ブログランキングへ

 

京都新聞杯 予想

ダービー出走のための最後のステップと言えるレースで、2013年にはこの京都新聞杯からキズナがダービーを制覇。
トーセンホマレボシやサトノラーゼンも本番のダービーで好走しており、この時期に行われるレースとしてはダービーとの相性がいいのが京都新聞杯。

というのも、近年のダービーで求められる「立ち回り」がこのレースでも大切になってくるから。

先週までの京都の馬場状態を見ている感じだと、先行、内枠が有利な馬場状態で今年も「立ち回り」が上手な馬が穴馬として面白いだろう。

本命は◎サトノクロニクルにしてみたい。
前走は届くとは思えない位置取りからの競馬で、追い込んできての2着。
今回のメンバーなら力は抜けていそうだし、理想的な枠を引くことができた。
この枠の並びで、川田騎手ならインの3番手くらいのポジションは取って来そうだし、馬券圏内は堅い。
ただ、レースぶりを見ている限りでは反応に遅いタイプで取りこぼす可能性は高そう。
馬券としては2~3着固定を中心に買ってみたい。

〇ミッキースワロー

地味なタイプの馬で、騎手も菊沢騎手ということでもっと人気がないかと思っていたがしっかりと人気してしまっている。(泣)
前走は福島競馬場での競馬だったが、外々を回る強気な競馬で1着。
本当は内に潜りこんで、内を捌く競馬をして欲しいところではあるが、少頭数だし大味な競馬をしても馬券圏内は十分ありそうだし、上手く乗れば頭までありそう。

▲メルヴィンカズマ

キズナやブラックスピネルなど強力な末脚を持っている馬なら、突き抜けてくることがあるレースでもあり今年それがあるならこの馬ではないだろうか。
未勝利戦ではアドミラブルよりいい末脚を使えており、差しの決まる展開になれば突き抜けて来れる。

☆プラチナムバレット

外枠を引いてしまった+人気を被っているのでここまで評価を落とした。
これまでスローで競馬ばかりで、能力が問われるレースでは頼りっ気がない印象。
外々をダラダラ走らされて勝ちきるほどではないだろう。

△サトノリュウガ

ハービンジャー産駒ながら前走のように最内を突くような競馬もできるので、一応抑えてはおきたい。

△ダノンディスタンス

前走は不可解な負け方だが、枠順、展開に一番恵まれそうなのはこの馬だろう。
根本的な能力では劣っていそうな気もするので、スムーズに競馬できないとあっさり負けることも。

消し インヴィクタ
今の早い時計が出る京都でハービンジャー産駒は買いたくない。
この馬自身も早い上がりが使えるタイプではなく、この舞台は合わないだろう。
◎サトノクロニクル(2~3着)
〇ミッキースワロー
▲メルヴィンカズマ
☆プラチナムバレット
△サトノリュウガ
△ダノンディスタンス




買い方

3連単

〇▲→◎⇔〇▲☆△

馬単

〇▲→◎

馬連

◎―〇▲