ファルコンステークスは惨敗でした。
もっと荒れるかと思ってたんですけど、そんなに波乱にはならなったですね。

戸崎騎手って扱いが難しいですよね。
なんとなく、買いたくない馬や飛んで欲しい馬に限って持ってくるような気がします。(>_<)

阪神大賞典

このレースもかつては天皇賞(春)の重要ステップレースになっていたが、年々レベルが下がり1頭超一流馬が出てくるようなレースに。

今年も、サトノダイヤモンドの実績だけがずば抜けていて、相手はやや手薄な印象。

本命は◎シュバルグラン。
サトノダイヤモンドを負かすとすれば、この馬しかいないだろう。
昨年のこのレースの内容は非常にいいものがあったし、阪神の3000mという今回の条件なら逆転もありそう。

〇サトノダイヤモンド
実績を考えれば当然能力は最上位。
ただ、菊花賞馬だからと言って3000mが合うとは思えない。
昨年の菊花賞は、エアスピネルやミッキーロケットのような明らかに距離適性がない馬でも好走できてしまうレースだった。
近年の菊花賞はゴールドシップのような化け物ステイヤーがいなければ、立ち回り勝負になることが多く、昨年のそんな感じのレースだった。
今回の阪神の3000mという舞台はベスト条件からはかけ離れている。
実力が出しやすいコース+相手が弱いことを考えれば当然これ以上評価を下げられないが、確勝というほどではないだろう。
池江先生が強気なコメントなのも、負けるフラグのような…(笑)

▲スピリッツミノル

3番手評価はこの馬。
上位2頭はあまりにも強すぎるが、その下ははっきり言って団栗の背比べ状態。
ワンアンドオンリーはこんな人気で先物買いするような馬ではないし、レーヴミストラルも川田騎手に乗り替わりで積極的に買いたい馬ではない。
スピリッツミノルは長距離適性もパワーがある程度要求される阪神というのも合っていそう。
この馬が絡めばそこそこの配当は取れそうなので、この馬を狙ってみたい。

買い方

このレースは買い方勝負の部分も大きそう。

少し変則的になるが、

馬単

◎→〇

3連複

◎〇▲

ボーナス

馬単

◎→▲

3連単

◎→〇⇔▲

本線は上位2頭の逆馬単と3連複の1点勝負。
ボーナスで、3連単を少しだけ購入してみたい。