今週で武幸四郎騎手が引退になりますね。
競馬を始めたときからいるのが当たり前の騎手だったので、いなくなってしまうのは寂しい。
武豊騎手の弟ということで私たちにはわからないようなプレッシャーもあったとは思うが、メディアなどにも多く出演し競馬界を盛り上げてくれた功績は本当に大きい。
個人的に一番思い出に残っているのはソングオブウインド。
当時、大逃げする馬が大好きでアドマイヤメインを応援していたのですが、最後の最後大外から飛んできたのがソングオブウインド。
兄貴の大逃げを弟が差し切るというのはドラマがありますよね。

今週は応援馬券がかなり売れることが想定されるので、武幸四郎騎手を買うときは単勝ではなく、馬単総流しを買うなどの工夫が必要かも。
逆に、他の単勝はおいしい馬券が数多く出るかもしれないので、心の中では応援しつつ馬券は違う目を購入してみたい。

引退式も予定されているので、まずは無事に乗りきって欲しいと思います!

阪急杯

傾向

先週の京都牝馬ステークスに続き、1400m重賞。
開幕週ということもあり、内枠の馬の活躍が目立つ。
内枠の立ち回り上手な馬には注意が必要だろう。

今年の阪急杯はレベルがかなり低い。
枠順や馬場、展開によって毎回結果は変わりそう。
開幕週だからと言って前残りといえないのが最近の馬場状態なので馬場状態の見極めはしっかりしたい。

有力馬考察

シュウジ
このメンバーなら圧倒的1番人気にも仕方なし。
京都の開幕週の競馬なら疑う余地もあったが、、阪神では普通に来るだろう。
あまりにも外枠を引いてしまうと厳しそうだが、ここは力は抜けているとみていいだろう。

ロサギガンティア
個人的にあまりこの馬を買ったことがないんですよね。
というのも、あまり強い印象がなく、デムーロが毎回強引に持ってきているだけというのがこの馬へ個人的な評価。
クラシック路線に乗ったネームバリューで人気になっている感じもあるし、今回も買いたい馬ではない。

ブラヴィッシモ
典型的な能力が足りないのに立ち回りでどうにかしてしまうタイプの馬。
1200mよりは1400mの方がいいのは戦績を見れば明らかで、ここ2走は度外視と見てよさそうで、スワンステークスも立ち回りよりも地力が問われるレースになった印象。
開幕週のこの舞台はまさに絶好。
枠順次第ではメンバーも弱いので十分狙える1頭。

おすすめ穴馬!

ヒルノデイバロー

ダートから芝に変えてしばらく結果が出ていなかったが、ここ2走は馬場状態と展開に泣かされた印象。
上がりはしっかりと使えており、スピードの出る京都よりも阪神の方が向いていそう。
1400m戦は1200mからの馬の参戦も多く、ハイペースになることもある。
開幕週というのが気にはなるが、エアレーションがしっかり効いて差しが決まるような馬場状態なら。