アーリントンカップはペルシアンナイトの圧勝!
しかし、今年の重賞は本当に堅いですね。

1番人気の成績が (11.3.5.2) と複勝率は90%越えで、単複の回収率も100%越え。
人気だからと言って変に嫌わずに、素直に馬券は買ったほうがいいですね。
それはそれで難しいですが…

阪急杯

今年は12頭と寂しい頭数。
メンバーも最近の重賞らしく、上下がはっきりと分かれてしまっている印象。

本命はシュウジ
このメンバーなら流石にこの馬から買わざるをえないだろう。
キャラクター的には取りこぼすこともありそうだが、いかんせん相手が弱すぎる。
普通に回って来れば順当に来るだろう。

ムーンクレスト
前走の京都金杯は内枠以外は即終了のレースで17番枠。
完全に度外視として良さそうで、スワンステークスではサトノアラジンと0.4差だし、タンザナイトステークス組ではこの馬が最先着と横との比較でも、ここまでバカにされるような馬ではない。

ヒルノデイバロー
ようやく、安定して末脚を使えるようになってきた。
立ち回り勝負では分が悪いが、距離が伸びて追走が楽になり少頭数の阪神なら。

ダイシンサンダー
金杯から狙いたいと思っていた馬だが、なかなかいい枠順に恵まれず。
今回も枠順はイマイチだがメンバーはここ2走より弱くなるし、距離延長もプラスに働くだろう。

◎シュウジ
〇ムーンクレスト
▲ヒルノデイバロー
☆ダイシンサンダー

◎―〇 ワイド
〇▲☆→◎ 馬単

ボーナス
◎―〇▲☆―〇▲☆ 3連複

正直あまり勝負したいレースではない。