年が明けてから気付けばもう皐月賞。
だんだん、月日が流れるのが早く感じるようになり危機感を感じているところです。

今年のGⅠはまだまともに当てていないので、ここらでなんとか的中が欲しい(>_<)

皐月賞はあまり当てた覚えのないGⅠなのですが、好きなGⅠなので好きなだけではなく得意と言えるようになりたい!




皐月賞

5年間の傾向

 

血統

皐月賞と言えば、弥生賞と思っていたのも過去の話。
ここ3年は共同通信杯組が3連勝。

この3レースの序列が

共同通信杯≧スプリングステークス>弥生賞

のようになっており、今年も共同通信杯組のスワーヴリチャードはこれだけでかなり売れそう。

有力馬の使い分けや、短期放牧からのぶっつけ本番が多くなってきていて、ステップレースの持つ意味が変わってきている印象。
今年は、弥生賞、スプリングステークス、若葉ステークス、毎日杯、共同通信杯、フラワーカップ、アーリントンカップ、ホープフルステークス、きさらぎ賞、と多くの勝ち馬が出てきており、レースのレベル比較が非常に大切になりそう。

 

有力馬考察

ファンディーナ

ここまで無傷の3連勝。
今年は牡馬、牝馬含めてディープ産駒で強い馬が出てきておらず、デビューこそ遅かったもののこの馬が今年のディープ産駒では一番強いのではないだろうか。
ここ3戦はすべて圧勝といっていい内容で、先行できる上に末も使える非常に安定感のありそうなタイプ。
牝馬だからと嫌われるのではなく、逆に牝馬だから応援しようという票が多く入りそうで、馬の能力は認めつつも馬券的においしい馬にはならなそうなのが玉に瑕。

スワーヴリチャード

新馬戦はただただ、もったいない競馬をして2着。
東京スポーツ杯も馬場やコース取りの差で小差の2着と崩れていない。
強いと思っていた、ムーヴザワールドが次走の500万であっさり負けてしまっているのが気になるところ。
反応が遅いタイプなので、今の荒れた中山なら向いていそうだが、もしJRAがローラーや芝刈りをしてくるとキレ負けする可能性も。

カデナ

先週は牝馬で一番応援していたアドマイヤミヤビが惨敗してしまったが、牡馬で応援しているのはこの馬。
百日草特別では後方で馬群を捌くのに手こずった分だけアドマイヤミヤビを差し切れなかったがスムーズなら十分差し切れているような内容だった。
弥生賞も各馬があまりの積極性のなさで歴史的なスローペースになったが、後方からすっとポジションを上げてきて、逃げたマイスタイルを差し切り勝ち。
スローの切れ味勝負しかここまでしてきておらず不安要素はあるが、ここまでいいレースを続けてきて、王道の弥生賞を勝ったのだから軽視は危険だろう。
差し届かず2~3着な気も…




おすすめ穴馬!

クリンチャー

新馬戦の惨敗から、未勝利戦はアッと驚くような圧勝劇。
次走も、タガノアシュラを行かせて直線ではあっさり抜け出してまたも圧勝。
かなり馬としては地味なタイプで、王道のローテーションではないのでそこまで人気にはならないだろう。
ハイペースが多くなることが多い皐月賞ではあるが、最近の競馬を見ているとほとんどがスローで今回も意外とスローになるかも…

 

まだ、ランキング登録は時期尚早かと思ったのですが、最近始まったばかりのようなので登録してみました。
もし、よろしければポッチってください。ペコリ(o_ _)o))

皐月賞の本命候補の名前を載せておきました↓
ブログ紹介欄に書いてあります。

競馬ブログランキングへ